人生で最もアンハッピーなのは40〜50代。「中年の危機」は本当にあるのか?

2016.03.04
173
by erihiro(まぐまぐ編集部)
 

中年の危機は神話か?

これまでの定説では年代別の幸福度はU字型シャープを描き、最も低い点がミッドライフ・クライシスの世代だと言われていましたが、ミッドライフ・クライシスは存在しないという説もあります。

アルバータ大学の教授らが2つのグループを対象に何年もかけて、18歳から43歳にかけて、23歳から37歳にかけての心の変化を調査した結果、「30代になったときのほうが幸福度は高くなった」という研究結果を発表しました。

また他の3つのこともわかっています。

  • 18歳のときよりも、40代前半のほうが幸せ
  • 18歳から30歳にかけて、幸福度が急速にあがった
  • 幸福度は結婚し、健康であるときに高く、失業中のときには低い
  • 10代から40代にかけて幸福度は高くなる。これはミッドライフ・クライシスとは一致しない

共同研究者のひとりGalambos氏は「ミッドライフ・クライシスは神話」と話しています。

研究者たちは「これまでの研究では半世紀以上にわたり、ミッドライフ・クライシスは“根本的な欠陥”であると人々に信じ込ませてきました」と主張。

この研究結果、この新説に対しても様々な反応がでています。

「18歳のときウツだったけど、今40歳」

「幸せを測るのはとても難しいよね。たいていの人が18歳の時は、離婚、住宅ローン、賃貸契約書などの経験もなく、家族の友人の愛やサポートに包まれている。すべての喜びはそのあとにやってくるもんだよ。そしてそれを感じられるなら、ハッピーな人間になれる」

「37歳になったばかりだけど、人生がうまくいくっていう意味なの? そんなの嘘だ!」

「今48歳で、俺の彼女が“あなたは中年危機に陥っているのよ”っていうんだけど、彼女に何がわかるんだよ。だってまだ21歳だぜ」

新たな説もでてきて、ミッドライフ・クライシスについては今後も色々な見方がでてきそうですね。

image by: Shutterstock

source by: ガーディアン, デイリーメール , CBC

文/MAG2 NEWS編集部

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 人生で最もアンハッピーなのは40〜50代。「中年の危機」は本当にあるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい