無慈悲な核攻撃宣言。北の「オオカミ少年」が無視できなくなってきた

shutterstock_691388335
 

先日、米韓の合同軍事演習を激しく非難し、続けるならば「核攻撃」も辞さないとの警告を発した北朝鮮ですが、日本ではあまり話題になっていません。これまでの北朝鮮の度重なる「口だけ攻撃」に不感症とも言える状態になっているのかも知れませんが、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、世界情勢は最近大きく変化しており、決して楽観視できる状態ではないと警鐘を鳴らしています。

第2次朝鮮戦争は起こるか?

今年は、「北朝鮮問題」が大きく動いています。皆さんご存知のように、北朝鮮は1月6日、「水爆実験を行った」と宣言しました。2月7日には、長距離弾道ミサイル発射実験を行った。

1月の実験を受け、国連安保理は、制裁に関する協議を開始。3月2日、制裁決議案が採択されました。中央日報日本語版3月3日から。

国連安保理が2日(現地時間)、4回目の核実験および長距離ロケット発射をめぐる対北朝鮮制裁決議案に最終合意した。

 

歴代最も強力だという今回の決議案はこの日午前(日本時間3日0時)の安保理全体会議で採択された。北朝鮮の4回目の核実験から57日目だ。

 

過去に比べて長い時間がかかったが、はるかに強度が高い制裁内容となった。

はるかに強度が高い制裁内容」とはなんでしょうか?

決議案を見ると、金正恩(キム・ジョンウン)政権に打撃を与えるものが多い。石炭・鉄鉱石など鉱物輸出禁止、軍事用航空燃料の供給中断、禁輸品の積載が疑われる北朝鮮船舶の入港禁止などだ。

 

ロシアの影響で旅客機への海外給油が認められ、朝鮮鉱業貿易開発会社(KOMID)幹部に対する制裁が抜けたが、重要な部分は変わっていない。

 

特に昨年の北朝鮮の対中輸出額24億ドルのうち鉱物の比率が45%を占め、外貨稼ぎに大きな打撃を与えることができる。
(同上)

さらに、アメリカと韓国は、「過去最大規模の軍事演習」を開始しました。

<米韓>過去最大の演習 30万人規模、「先制攻撃」想定も

毎日新聞3月7日(月)11時38分配信

 

【ソウル米村耕一】韓国で7日、定例の米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」と野外機動訓練「フォール・イーグル」が始まった。国連安保理制裁決議に北朝鮮が反発を強める中、演習は「過去最大規模」(韓国国防省関係者)で進められる。

演習には韓国軍約30万人と米軍約1万7,000人が参加。指揮系統訓練中心のキー・リゾルブは18日までの約2週間、フォール・イーグルは韓国各地で来月30日までそれぞれ行われる。

 

韓国メディアによると、キー・リゾルブには北朝鮮による核ミサイル発射の兆候をつかんだ場合、先制攻撃を仕掛けるシナリオも含まれる。

これに対し北朝鮮、「アメリカと韓国を核攻撃する!」と宣言しています。

北朝鮮、米国と韓国に核攻撃の警告

BBC News3月7日(月)11時53分配信

 

北朝鮮は6日、米韓両軍が7日から韓国で始める合同軍事演習を非難し、遂行するならば米韓両国に「無差別の」核攻撃を実施するとの談話を発表した。

 

「正義の核先制攻撃」を実施する方針という。

正義の核先制攻撃」だそうです。

これは、本当にショッキングな話ですが、日本国民はほとんど反応しなくなっていることでしょう。北朝鮮の指導者が過激な発言をするのは、日常茶飯事。「オオカミ少年」のようになってしまい、日本国民も、「また言ってる。はは」という反応。特に恐怖も感じない。

しかし、朝鮮半島情勢は、確実に悪化しています。そして、戦争になる可能性もでてきています。理由は、「アメリカ側の変化にあるのです。どういうことでしょうか?

print
いま読まれてます

  • 無慈悲な核攻撃宣言。北の「オオカミ少年」が無視できなくなってきた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け