沖縄のアメリカ海兵隊が「日本の人質」になっているというパラドックス

Tim Jenner/Shutterstock
 

そして、今回の本題ですが、このオーウェルの作品のエピソード。まったく同じメカニズムが、沖縄の海兵隊(というか米軍全般)自身にも働いている、とは思いませんか?

沖縄にある海兵隊の普天間基地というのは、アメリカ海兵隊にとっては旧日本軍との熾烈な沖縄戦(その前の硫黄島での戦いなども含む)を経てようやく手に入れた、いわば「戦果」とでもいうべき貴重なもの。

ところが基本的に遠征軍であるという性格から、現在の沖縄駐留米海兵隊は輸送力が弱く戦力も低いという批判もあり、すでに一部の部隊のグアム移転が決定しています。その意味においては、純粋な軍事的合理性という観点からいえば、「アメリカ海兵隊はわざわざ沖縄に駐留している必要はない」という柳澤氏の理屈はわかります。

年々膨張を続ける中国人民解放軍が、ミサイルなどの装備を充実させている状況下で、アメリカとしても、沖縄に軍を駐留させることの「軍事的な合理性」が高いとはいえないことも確かです。

海兵隊自身にとっての沖縄は、居心地の良い「戦果」であっても、時代の変化に伴って、「対中国との最前線」というコンテクスト上においては、むしろ、脆弱性を晒している、単なる「お荷物」なのでは? …と言える状況でもあるのです。

しかし、これはあくまでもアメリカの立場から考えた場合の話です。私たち日本人にとっては、沖縄駐留の海兵隊がそこに存在している意義、身も蓋もなく、それは「抑止力」に他なりません。

「占領されている」日本側にとって、中国との最前線である沖縄に駐留を続ける米軍は、「バッファー」のような形で、非常に重要な存在です。なぜなら、ひとたび沖縄が攻撃されれば、その被害は駐留米軍に及ぶ確率が高く、そうなると米軍自体は望む・望まずにかかわらず、ほぼ自動的にその争いに介入せざるをえなくなるからです。

これが、いわゆる「トリップワイヤー」(tripwire)という考え方です。

日本にとっての対中国最前線に自分たちを支配しているはずの米軍をあえて足に引っかかるワイヤーのように配置する。これにより、仮に中国や北朝鮮のような仮想敵国が日本を攻撃してきた際には、図らずも米軍をも攻撃することになってしまう…。

このようなメカニズムをつくることによって、無理やり駐留米軍を「抑止力」つまり「人質」にしてしまおうというものです。

先程ご紹介した『ビルマの日々』におけるオーウェルの立場に米軍を追い込んでしまうというものであり、暴れるゾウは中国や北朝鮮、そしてインドの現地人が日本、という構図になります。

こうなると、米軍は日本を支配しているはずなのに、そこでパラドックスが働き、実は日本に支配される…という状況になってしまいます。

このような話は、表向きは大きな声で語られることは決してありません。しかし、日米双方の「演者(ゲームプレイヤー)」たちの中には、このようなパラドクシカルな状況に気付いてる人間はいるはずであり、それぞれが暗黙の了解の上で、各自の利益を最大化するべく、「カブキ」を演じている…などとも想えてきます。

新聞やテレビなどの一般的なメディアでは、特にこのような安全保障に関する話題は、誰にもでも分かりやすように、トピックをかなり単純化して報道しておりますが、多国間の問題というのは、数多の要素が錯綜している複雑怪奇なものです。

リアリストたることを標榜する私たちは、「米軍を人質とは、なんとエゲツナイ…」などという真っ当な「正論」には「敢えて」耳を傾けず、そんなエゲツナイ国際政治の現実を、冷酷に見据える必要があるのです。

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。情報・戦略の観点から、また、リアリズムの視点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。
<<登録はこちら>>

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 沖縄のアメリカ海兵隊が「日本の人質」になっているというパラドックス
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい