世界の競馬を知る男が現地取材。ドバイワールドカップデーの舞台裏

shutterstock_351389873 copy
 

世界の競馬を知る男、カズ石田さんが現場で感じたリアルな情報を届けてくれるメルマガ『馬に近い人間から見た、馬、競馬』。今回は先月末に開催された世界的レース「ドバイワールドカップ」が開催された現地ドバイで取材を行った際のお話を紹介してくれています。現地ドバイの様子から、関係者でなくては知りえない舞台裏の情報まで、競馬好きにはたまらない貴重なエピソードばかりです!

2016年ドバイワールドカップデー(1)

先月末に開催されたドバイ国際競走に、昨年に続いて撮影をしてきました

昨年はカタールのドーハ経由で行って私だけがドバイに到着して預けた荷物がドバイでなくドーハにあったという珍事がありましたが、今回は羽田から直航便でしたのでドーハに荷物があるのではないかという心配はせずに済みました(笑)

3月22日の火曜日の夜、羽田で飛行機の搭乗案内を待っていたら、今日本にいる香港のカメラマンのローさんもいました。偶然にも同じ便になりました。

同じ週の日本の高松宮記念に連覇を目指して出走予定だった香港調教馬のエアロヴェロシティが残念ながら取り止めてしまったことで、香港のカメラマンが急遽そして大挙押し寄せることになった話も聞きました。

ローさんは当初から高松宮記念でなくドバイの予定でしたが、それを聞いてドバイで会える人が増えるなと思いました。

エアロヴェロシティの回避の報らせはドバイワールドカップデーまで1週間を切っていましたので、ドバイの広報部は香港からの急な大量の取材申請で大変になっただろうと想像します。

だからドバイではオーマイゴッドでなく「オーマイアラー!」って言っているに違いないと笑いながら話していました。バチあたりです(笑)。

翌23日の水曜日の朝にドバイに到着し、今年は無事に自分の身体だけでなく荷物も一緒に到着したのを確認できて安心してまずは宿泊先に向かいました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 世界の競馬を知る男が現地取材。ドバイワールドカップデーの舞台裏
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい