安倍総理の訪ロは成功だったのか?プーチンが日本に突きつけた見返り

kitano0509-1
 

就任以来、日露関係を改善させようと取り組んできた安倍総理ですが、「クリミア併合」以降両国の関係は冷え込み、北方領土返還についても何ら進展はありません。しかし、先日ロシアで行われたの首脳会談ではロシア側が求める経済協力の話も進み、両国の関係悪化の歯止めとなったようです。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、日本がロシアと一刻も早く関係を改善させるべき理由について詳しく解説しています。

安倍総理の訪ロは、成功か?

皆さんご存知のことと思いますが、安倍総理は6日、ロシアのソチでプーチン大統領と会談しました。今回は、この会談について考えてみましょう。

日ロ関係のこれまで

まず、日ロ関係のこれまでを、復習しておきましょう。

私が北方領土問題を解決する!」と固い決意をもっておられる安倍さん。2012年12月、総理の座に戻られると、ロシアとの関係を、ものすごい勢いで改善させはじめました。2013年、日ロ関係は、「こんなことはソ連崩壊後なかった」というほど良好になっていきます。

ところが2014年3月、「大事件」が起こって、両国関係は再びの時代に逆戻りしたのです。「大事件」とは、言うまでもなく「クリミア併合」です。日本は、アメリカ主導の制裁に参加し、2013年の良好なムードは吹っ飛んでしまいました。

それでも、「北方領土問題」を解決したい安倍さんは、対話を絶やさないよう意識してこられた。しかし、ロシア側は、そんな日本の姿勢が不満で、どんどん態度を硬化させていったのです。

どういうことでしょうか? 「北方領土を日本に返還すること」は、ロシアにとって「お得な話」でしょうか? もちろん「お得な話」ではありません。むしろ「大損な話」です。なぜ? 戦争で奪った領土を「無料で返す」??? そんな話は、聞いたことがありません。では、なぜロシア側は、日本との交渉を続けるのでしょうか? 「返還の見返りが欲しいのですね。それは何でしょうか?

たとえば、ロシアは、ひどい「資源依存経済」です。原油価格とGDPが正比例」している。00~08年、原油価格がほぼ右肩上がりで上がっていたので、ロシア経済は、年平均7%成長できた。ところが08~09年に大暴落したので、ロシアのGDPも-8%まで落ち込んだ。その後原油価格が再び上昇しはじめたので、ロシア経済もプラス成長に戻った。ところが、2014年夏から再び大暴落し、バレル30ドル台までさがってしまった。それで、ロシア経済はボロボロになっている。ロシア政府は、こういう「資源依存体質」のヤバさを認識していて、経済の「多角化」を「最優先課題」としている。

ここで、日本に協力して欲しい。あるいは、極東東シベリア開発に協力して欲しい。日本人は、極東、東シベリアを開発しても、「そこに定住」とはならないでしょう?(寒い…)

ところが、中国人は、開発もするかもしれませんが、入ってきてそのまま住みついてしまう。ただでさえ人口が少ない極東、東シベリア。「ここに中国人を入れたら、実効支配されてしまう」という恐怖がロシアにある。

その他、「ロシアの石油ガスをもっと買って欲しい。日本だって、くそ遠い中東から入れるより、ロシアから買ったほが近いではないか!? と。いちいち液化天然ガスなどとメンドイことをせず、直接日本とロシアをパイプラインで繋ぎたい

とまあ、ロシアは、簡単にいうと「日本と金儲けをしたい」と思っている。

ところが日本は、「制裁中なので、「経済協力に関する話ができなくなってしまった。オバマさんが見てますからね(中国の脅威に怯える日本は、アメリカとの関係を軽んじることができない)。結果、日本の閣僚がロシアの閣僚と会うと、する話は「北方領土問題」だけになってしまった。つまり、「ロシアが損する話だけ」になってしまった。会うたび会うたび、「損する話だけ」される。ロシア側は、「いいかげんにしろ!」とウンザリしていた。

そういえば、去年8月、メドベージェフがまた北方領土を訪問しました。日本政府は、当然抗議した。すると、ロゴージン副首相は、「ハラキリして落ち着け!」とツイート。激怒した日本国民も多かったことでしょう。その背景には、「俺たちは、『制裁』『原油大暴落』『ルーブル大暴落』のトリプル難で苦しい。しかし、日本の閣僚は、会って一言目に『島返せ!』という。マジでうざったい!」というロシア側の不満があったのです。だからといって「ハラキリしろ!」と無礼な言葉を使うべきではないですが、「背景」は私たちも知っておくべきですね。

結果、ロシア側は北方領土の実効支配をますます進めていきました。たとえば、日経新聞から。

ロシア、北方領土に海軍基地検討 地対艦ミサイル配備
2016/3/26 0:59

 

【モスクワ支局】ロシアのショイグ国防相は25日、北方領土を含む千島列島(クリール諸島)に同国の海軍基地を年内に設置することを検討していると明らかにした。最新鋭の地対艦ミサイルを配備する方針だという。ロシアのタス通信が国防省内の会議での発言の内容として伝えた。

こうして、日ロ関係は、「悪化し続けていた」のです。ここまでをまとめると、

  • 日本は、「北方領土」を返して欲しい
  • ロシアは、「金儲け」したい
  • ところが「制裁中」の日本は、「金儲け」の話ができず、「北方領土返せ!」と繰り返す
  • ロシア側はウンザリして、北方領土の実効支配を進める

こういう流れだったのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 安倍総理の訪ロは成功だったのか?プーチンが日本に突きつけた見返り
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい