「EU離脱」で変わった潮目。世界は今後「二極化」し対立する

shutterstock_442830934 のコピー
 

いまだ沈静化する気配のないイギリスの「EU離脱問題」ですが、多くのメディアが「移民に不満を抱いた人たちが声を上げた」と報道しています。しかし、高城剛さんは自身のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』で、移民の多いロンドンは「EU離脱」をそれほど強く望まなかったと指摘。最もEUに不満を抱えているのは、イングランド地方に多く住む「ある層」の人たちであることを明かしています。

英国のEU離脱で欧州は分裂する

今週は、先週に引き続き英国のEU離脱につきまして、私見たっぷりにお話ししたいと思います。

先週金曜日2016年6月23日、「欧州連合離脱是非を問う国民投票」が英国で実施され、結果は残留48.11%離脱51.89%となりまして、英国はEUから離脱することが決定しました。

この結果を受けまして、フランスでは国民戦線代表マリーヌ・ルペンが、オランダでは自由党の党首ヘルト・ウィルダースが、EUからの離脱の是非を問う国民投票の実施を求めており、今後ドミノ倒しのようにEUが崩壊するのではないか、と言われています。

この英国の国民投票の明暗を分けたのは流入する移民で、2004年以降EUが拡大するに従い、英国に移住する移民の数が急上昇し、その移民に国内労働力が移転し、公的サービスにも大きな負荷がかかったことが要因だとされています。

今週、Newsweekのコラムにも書いたように、僕自身の経験からしても、英国は様々なキャパシティを超えているように感じていますが、実はその要因は移民だけではなくグローバリゼーションとロボティックスに職を奪われた中間層の喪失」に、問題の本質があると僕は考えています。

print

  • 「EU離脱」で変わった潮目。世界は今後「二極化」し対立する
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け