日本人が持つ「米国の笑いは日本より稚拙」という根拠のない自信

shutterstock_101702827 (1)
 

「日本のお笑いは世界で一番レベルが高い」「アメリカ人のジョークはつまらない」日本のお笑い芸人がこんな発言をしているのを聞いたことはありませんか? 米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEO 兼発行人でメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者である髙橋さんは、自身が米国で16年過ごした経験から、この意見は「根拠のない自信」だと疑問を呈しています。なぜ日本人は、こんな考えを持つようになったのか、高橋さんがその理由を考察します。

「日本のお笑いはアメリカよりレベルが高い」は本当か?

ひょっとしたら、最近になって、やっと、わかってきたことかもしれません。

アメリカに暮らして16年—。 ここ最近まで僕は信じて疑いませんでした。

日本のお笑いの方が、アメリカのお笑いより、ずっとクオリティが高い】、ということを。いまだって、実はそう思ってます。 そうに違いない、と。だって、クリスロックのスタンダップコメディより、ブラマヨの漫才の方が断然、面白いしね。

実際、妻がよく見ているこっちのシットコム(シチュエーションコメディ。だいたい30分の1話完結もの。日本でも有名な「フレンズ」や「となりのサインフェルド」などを代表とするテレビ番組)を僕も見るともなく、見ていると、そこまで笑えることは少なかったり。

自宅のテレビについてるので、結果、見てしまうトークショー(代表的なところでは、今はジミー・ファロンとか、ジミー・キンメルとか)も、爆笑することがなくもないけれど、そんなに多くないし。

そう、思っていました。

ただ、圧倒的な事実を忘れていました。日本とアメリカ、それぞれのバラエティ番組を比較するにあたって、最低限、絶対、必要な最低条件を。

当たり前ですが。 【両者を同レベルで理解できる語学力】です。オレ、英語、苦手じゃん!(笑)

さすがに15年以上生活しているので、日常会話で不便することはありません。 アメリカ人の友人も何人もいるし、アメリカ人のクライアントとも日々、会話をしています。

でも。有名トークショーの、ホストが早口でまくしたてるジョークを、本当の意味で、底の底まで理解出来ているか。 時事ネタも必ず放り込んでくるギャグの伏線を100%把握できているか

そう聞かれると、間違いなく「NO」です。 絶対的な本質まで理解は出来ていない。

ひょっとすると、四半世紀この国に暮らし、日本語よりも英語の方が得意な、うちの家内ですら、言語は100%に近く理解出来ても、言葉の裏に潜む文化のメタファーなり、時事ネタの隠喩を理解してることはないです。

つまりは、(元も子もないこと言っちゃうけど)「お笑い」ほど、その地域に根ざした文化もないはずなのに、単純に比較なんて出来ないはずです。

にも関わらず、僕は、僕たちは、日本のお笑い芸人さんは、【 日本のお笑いは最高。 アメリカのお笑いは稚拙という根拠のない自信を持っている 。

比較する前に、両者を同レベルで理解していないと、比較なんて出来ないにも関わらず。なのに、どうして、根拠なく「日本のお笑いの方が上」だと僕たちは思い込んでいるのでしょう。

そこで、僕なりに考察してみました。

print

  • 日本人が持つ「米国の笑いは日本より稚拙」という根拠のない自信
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け