トランプ旋風にかき消された? 実はヤバイ、地球に迫る隕石の恐怖

shutterstock_349995758
 

世界中で「トランプ旋風」が吹き荒れていますが、実は地球に未曾有の危機が迫っていることをご存知でしょうか。メルマガ「浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』」の著者で国際政治経済学者の浜田和幸さんによると、今年1月だけでも隕石が地球に3度も大接近しており、ひとたび衝突しようものならその被害は都市が消滅するレベル、さらにそんなサイズの隕石が100万個近く地球周辺に飛来しているとのこと。防ぐ手立てはあるのでしょうか?

地球に向かってくる100万個の隕石の群れ

世界も日本もこのところトランプ旋風にきりきり舞いだね。その陰で、地球が危ない目に遭っていることを皆、知らないんじゃないかな。ぶっちゃけ、心配な事態なんだよ。

なぜかって、2017年の1月だけで3度も隕石が地球とニアミスしているからさ。1月20日、25日、30日と続いたんだけど、政府もメディアも知らんぷり。

隕石の大きさは一軒家くらいから巨大なクジラ程度まであって、猛スピードで飛来してくるため、事前の予測や対策が立てにくいのが困りもんなんだ。今回も地球の側を通り過ぎる直前になってようやく、その存在が判明したくらいだから、避難勧告など出しようがないってわけさ。

2013年にロシア上空で隕石が爆発した際には3,000万ドルの被害が出たね。それでも、ほとんど人の住んでいない地域だったから、まだ被害は少なかったらしいけど、もし、都市部に衝突していれば、それこそ大惨事になっていたはず。

アメリカの天体観測の専門家アントニオ・パリス氏に言わせれば、「大きな隕石は見つけやすい。問題は小さな隕石だ。事前に見つけることは至難の業。たとえ見つけても、手遅れということだね」。

実際、地球の周辺には100万個に近い小規模の隕石が常に飛来しているというから、恐ろしい話さ。そのうちの1つでも大都市に落下すれば、その地域は消滅する可能性もあるからね。

print

  • トランプ旋風にかき消された? 実はヤバイ、地球に迫る隕石の恐怖
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け