少し待ってあげる。子供の「こだわり行動」を止めない方が良い訳

shutterstock_555730207
 

子どものこだわりって、大人の側から見れば「理解不能」なものも多いですよね。しかしそれを「くだらない」とばかりに止めさせてしまうのは控えたほうがいいようです。無料メルマガ『子どもが育つ「父親術」』に、その理由が記されていますよ。

椅子には全部座ってみたい

何が大切か、何が重要かの尺度は、人によって大きく異なるもの。仕事最優先の方もいれば、趣味に邁進する方もいるし、「2歳の娘にメロメロ」なんてパパもいますよね(笑)。

子どもは子どもで、大人とはだいぶ違った尺度を持っています。また、子どもの尺度も、人によってずいぶん違っています。我が家の子どもを見るだけでも、

  • 「遅刻したくないから」と言って、15分以上も余裕があるのに寝ぐせのまま家を飛び出す息子
  • 時間ギリギリでも、髪型が決まるまでセットをやり直す娘

子どもによって違いはあれど、いずれの場合も共通して言えるのは、「大人から見れば、どうでも良いことにこだわっている」ことでしょうか(苦笑)。

ただ、大人には「くだらない」「どうでも良い」と思えることでも、子どもにとっては本気で重要」「重大なこともある、ということは心に留めておいてください。

子どもは、「今、この瞬間を全力で生きる存在です。どんなにくだらないことに思えても、本人にとって重要なことであれば、その思いを大切に、尊重してあげたいところです。

print

  • 少し待ってあげる。子供の「こだわり行動」を止めない方が良い訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け