「おせっかい」が救う、50歳の引きこもり息子を抱えた高齢家族

shutterstock_592906235
 

先ごろ、「50歳までに一度も結婚したことがない人は男性で4人に1人、女性で7人に1人」という調査結果が発表されました。無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者で住居・マンション事情に詳しい廣田信子さんは、この未婚の男女には「引きこもり」の人たちも含まれいるはずで、現状では本人とその家族のフォローが行われていないことを危惧するとともに、「おせっかい」の有用性を訴えています。

50歳独身引きこもりを抱える家族をどう見守るか

こんにちは! 廣田信子です。

国立社会保障・人口問題研究所の調査で50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性で4人に1人女性で7人に1人いたと報道されました。

研究所は5年に1回、国勢調査を分析して「生涯未婚率」を割り出しています。50歳まで結婚したことがない人の割合を生涯未婚率」といっています(50代、60代で結婚する人もいるだろうと思いますが、一応そういう定義です)。

「生涯未婚率」は、男性が前回調査比3.23%増の23.37%女性は3.45%増の14.06%でした。この数字にはさすがにびっくりしました。

男性は1970年まで女性は60年まで1%台だったのに、その後、ものすごい勢いで増加しています。少子化が進むのも、うなずける数字です。

同研究所が昨年9月に公表した出生動向基本調査によると、「いずれは結婚したい」と考える18~34歳の未婚者の割合は男性85・7%、女性89・3%となっていて、結婚を望んでいない訳ではないのに、結婚に踏みきれない障害として、「結婚資金」や「結婚のための住居」の確保をあげる人が多く、「非正規労働者の増加も生涯未婚率の上昇に影響している」と言われていますが…。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「おせっかい」が救う、50歳の引きこもり息子を抱えた高齢家族
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい