高齢者デイサービス向けパチンコ台レンタルビジネスは成り立つか

shutterstock_265268306
 

近年、喫煙・飲酒人口が減少し、その影響で居酒屋、スナック、バーなどのナイトビジネスの景気が悪化、最悪の場合には廃業に追い込まれる店も増えています。その煽りを受けた業種のひとつがそうした夜の店にダーツ機などを貸し出す「ゲーム機のレンタル業」です。今回のメルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』では、人気コンサルの永江一石さんが、読者からの「ゲーム機を高齢者デイサービスにレンタルするというビジネスは成功するか?」との質問に回答しています。

デイサービスへゲーム機のレンタルビジネスは成功するか

Question

shitumon

現在、飲食店などにゲーム機スロット・ダーツをレンタルしています。バー等のナイトビジネスが縮小していて、同業社が次々と廃業しています。うちもマーケットが小さくなっているのは実感しており、次の手を考えています。

廃業の影響で大量のスロット・パチンコが廃棄されており、それをツテでタダ同然で入手することが可能です。そこで、この筐体を利用し、お金も入れずに、メダル等の景品も出ないように仕様変更し、デイサービスなどにレンタルする商売をスタートしようかと思います。

ちなみに、既にゲームに特化したサービスはあります。

導入メリットとしては、「ゲーム中はスタッフの手がかからないので、スタッフの負荷軽減」が挙げられます。1台8,000円/月で1店舗につき2、3台の導入を想定しており、月に1回メンテナンス・筐体入れ替えを考えています。既存のルート営業の中に組み込むことが可能です。

永江様への質問は以下となります。

  • このビジネスは成功しそうでしょうか?
  • マーケティング(営業方法)は何がベストでしょうか?(DM,飛び込み,展示
    会等)

以上、宜しくお願い致します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 高齢者デイサービス向けパチンコ台レンタルビジネスは成り立つか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい