『セックス・アンド・ザ・シティ』はNYの町おこしPVですよね?

shutterstock_84482476
 

今も不動の人気を誇る、海外ドラマ『セックス・アンド・ ザ・シティ』。メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で、米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEOの高橋克明さんがアテンドした日本人にもよくドラマの舞台になったカフェに行きたいとリクエストされるのだとか。しかし、高橋さんは『セックス・アンド・ ザ・シティ』を観ただけでNYやアメリカを分かった気になっている日本人がいるといい、そんな人たちがいかに勘違いをしているか、とことん考察しています。ちなみに、このドラマが好きな美魔女の方は記事をお読みにならないことをお勧めします。

考察・セックス・アンド・ザ・シティ

日々、、、というのは大げさかもしれませんが、毎月何組か日本からのお客様をアテンドしています。 ツアコン、とまではいきませんが、空港まで迎えに行ったり、ホテルまで案内したり、時間があれば行きたい場所まで連れていったり。

その中でも多いのはセックス・アンド・ザ・シティの舞台になったカフェに行きたい!」というリクエスト。 カフェの部分が、バーになったり、レストランになったり、アパートメントになったりはしますが、とにかくあのHBO制作の連続ドラマの人気はいまだにスゴいです(もちろん、90%は女性のお客様ですが)。あ、ちなみにミスタービッグ役の彼。 無名時代は日本食レストランでバイトしてたんですよ。 うちの広告クライアントのお店で。

最初のシーズンが放送されたのは1998年。言ってみれば90年代のドラマなわけです。 もう20年近く前。2004年に終了し、15年近く新作が放送されてないにも関わらず、です(映画版は2010年公開。興行成績的には大失敗に終ったけど)。

確かにエミー賞、ゴールデングローブ賞、などに幾度もノミネート、受賞をし、アメリカ人の間でも当時は大人気でした。

ただ、、、アレを観て、「ニューヨークがわかった」(ひいては「アメリカがわかった」)ような気になられるのは、ちょっと違うかな、と思います。 いや、だいぶ、違うかな、と。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 『セックス・アンド・ザ・シティ』はNYの町おこしPVですよね?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい