NHKも忖度報道か。「前川証言」のスクープをもみ消した2人の黒幕

20170629_nhk copy
 

豊田真由子議員の暴言・暴行報道、稲田防衛相の問題発言、さらには下村元文科相の加計学園からの闇献金疑惑など、まさに四面楚歌の様相を呈する自民党。しかしマスコミによる安倍官邸への「忖度」は継続中のようです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、NHKが加計問題のキーマンとも言うべき前川前事務次官のインタビューを収録しながら一切放送せず「お蔵入り」させたことを問題視。NHKの情報を握りつぶした2人の「黒幕」を明かし、同局の体質を厳しく批判しています。

前川証言をボツにしたNHKの内部事情

6月23日のBSフジ「プライムニュース」に出演した政治評論家、田崎史郎氏はやけに不機嫌だった。

前川さんは政治的意図はありませんと言うが、政治的意味を持っている会見だと思うんですよ。どうみても安倍官邸を狙っている。

前文科省事務次官、前川喜平氏が、同日午後、日本記者クラブで記者会見して話した内容に我慢がならないようである。

前川氏の発言。たとえば読売新聞の出会い系バー報道について「官邸の関与があったと思う」。加計学園の獣医学部新設は「萩生田官房副長官の関与があったと思う」「全体の絵を描いていたのは和泉補佐官だと思う」…。

田崎氏が安倍官邸に歓迎されるジャーナリストであることはよく知られている。御用評論家とか安倍の茶坊主とか揶揄されながらも、なぜかテレビ各局に引っ張りだこで、好々爺のような風情をかもしながら、ぶれることなく、安倍政権に都合のいいコメントを発し続ける。

その延長線上の反論を前川氏にしているにせよ、いつもより高ぶる胸のうちを隠せない。

田崎氏は「前川氏にはたえず想像という言葉が入っている。もし読売新聞の報道に官邸の関与があったとするならば、具体的にこういうことがありましたよと言わなければならない。誹謗に終わる可能性も十分にある」と語る。

前川氏が、「想像ですが」と断ったうえで話していることを批判しているのだが、それなら、田崎氏の次の発言はどうなのか。

和泉総理補佐官は前川さんが事務次官になる案が出てきたときに官邸内部で反対した方です。それを前川さんは知っている可能性がある。新国立競技場の建設の問題の時に和泉補佐官がまとめていて、そこに前川さんもいたけれども、そういう因縁があるのかなと…。

これでは、まるで前川氏が和泉洋人補佐官に恨みとか反感を抱いているかのような言いぐさである。これこそ勝手な邪推。「想像ですが」と言って、記者の質問に答えるほうがマシなのではないか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • NHKも忖度報道か。「前川証言」のスクープをもみ消した2人の黒幕
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい