NHKも忖度報道か。「前川証言」のスクープをもみ消した2人の黒幕

 

自分の話の矛盾にも気づかない心理状態。その乱れを引き起こしたのは、筆者の「想像」するところ、前川氏が「国家権力とメディアの関係」について述べたあたりにあるように思える。

とりわけ田崎氏を刺激したのはここだろう。

報道番組を見ておりますとコメンテーターの方の中には、いかなる状況証拠や文書が出てきたとしても官邸の擁護しかしないという方がいらっしゃいます。森友学園の時もそういうことが繰り返し行われていたわけですが…。

田崎氏は、自分のことではないかと、とっさに思ったのではないか。

「ご本人の性犯罪が警察によって揉み消されたという疑惑を持たれてる方もいらっしゃる」と前川氏は、ジャーナリスト、山口敬之氏に言及したが、田崎氏が自らを客観視できる人なら、同じカテゴリーに入れられていることくらい、わかるはず。

田崎氏も森友疑惑の発覚以来、安倍政権擁護の発言に徹してきたのである。安倍官邸サイドの代弁者として、山口氏と双璧をなす扱いをテレビ各局から受けてきた。

山口氏が、レイプ被害女性の訴えで姿を消して以来、田崎氏への安倍官邸の期待はより大きくなっているに違いない。

それもあってか、この日のプライムニュースは、報道番組として常軌を逸したものになった。キャスター、反町理氏との掛け合いは、一方的な前川攻撃に終始した。これこそ、政治的意図があるのではないか。

前川氏が日本記者クラブで会見するのに対応し、フジテレビが、反撃してくれそうな田崎氏の出演を前もって仕込んでおいたのかもしれない。

辞めてから官邸に盾突くのは卑怯、などと、永田町の論理に同調する前に、フジテレビは大メディアとして、前川氏の以下の発言に真摯に耳を傾けるべきではないのだろうか。

私は今の日本の国家権力とメディアの関係については非常に不安をおぼえるわけです。国民の視点からこの問題を問い直すという、またメディアの関係者の中で問い直すという、自浄作用を期待したいと思います。

国家権力の情報を垂れ流し、国家権力へのチェックを怠るのではなく、国民の視点からメディアのあり方を問い直す。それを前川氏は「自浄作用」と呼ぶのだろう。

その観点からいうなら、この日のプライムニュースは国民的視点を逸脱し、政治権力の代弁権力批判への反撃にうつつを抜かしていたといわざるをえない。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • NHKも忖度報道か。「前川証言」のスクープをもみ消した2人の黒幕
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい