日本の「児童虐待」刑罰は軽すぎる。同じことを米でしたらどうなるか

shutterstock_524953153
 

多くの心ある大人が涙した、目黒区に住む船戸結愛ちゃん(5歳)が父親の虐待により命を落とした事件。テレビ番組でも何度も取り上げられ日本中に衝撃を与えましたが、なんとか防ぐ手立てはなかったのでしょうか。『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNY在住のりばてぃさんは、児童虐待に対する刑罰を「抑止効果」を期待できほど重く厳しくするという対策は重要だとした上で、アメリカで起きた虐待致死事件等の判例を紹介しています。

幼い命を虐待から守るにはどうすればいいの?

(1)警視庁捜査1課長ですら涙

わずか5歳の女の子が、主にひらがなで綴った手書きの言葉は、底知れぬ暗さと悲しみに満ち溢れていた。

ママ もうパパとママに いわれなくても しっかりとじぶんから きょうよりももっと あしたはできるように するから もうおねがいゆるして ゆるしてください

この言葉を残した5歳の少女、船戸結愛(ゆあ)ちゃんは、両親からの虐待を受け続けて亡くなられた。警視庁は父親の船戸雄大容疑者(33)と母親の優里容疑者(25)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。

いったい何があったのか?

報道によると、結愛ちゃんの遺体の顔には殴られたアザがあり、体重は5歳児の平均体重である20キロの約半分ほど、たったの12キロしかなかったという。ろくに食事も与えられていなかったからだ。

冬の寒い日に水を掛けられ、ベランダに出されることもあり、その細い足には、重度のしもやけの痕も残っていたという。そして、その父親はしつけと称し、5歳の結愛ちゃんに毎朝4時に起き大学ノートにひらがなを書くように強要していた。冒頭の言葉は、その時に書かれたものだ。

この事件を発表する際、数々の殺人事件に関わってきた警視庁の捜査1課長ですら目頭に手をあて涙をこらえていたことや、ニュース番組の生放送中にアナウンサーが思わず嗚咽したことなどまで既にニュースになっている。

アナウンサーはともかく、警視庁の捜査1課長が涙をこらえていたなどと報じられたニュースなんて滅多にない。異例の事件と言えるだろう。

ご参考
フジ女性アナ、虐待女児の「反省文」に嗚咽 肩を震わせ「5歳の子が、どんな思いでこれを…」
5歳女児が両親からの虐待で死亡 発表会見で警視庁捜査1課長が涙

また、7日放送のフジテレビ系「バイキング」では、17年間も演じていた『水戸黄門』の格さん(渥美格之進)役など数多くの時代劇での名演技で知られる大御所俳優の伊吹吾郎さんが、コメンテイターとしてご出演され、「今までずっとあった問題なのに、なぜ児童相談所はもっと踏み込んだ対策をしてこなかったのか。世が世なら、この2人(結愛ちゃんの両親)は市中引き回しの上打ち首獄門だよ」と怒りを爆発させたこともニュースになっている。

ご参考
伊吹吾郎、5歳女児の虐待死に憤慨「両親は市中引き回しの上、打ち首獄門」

「世が世なら、市中引き回しの上、打ち首獄門…」というコメントは、時代劇の大御所俳優さんならではの名言かもしれない。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本の「児童虐待」刑罰は軽すぎる。同じことを米でしたらどうなるか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい