大手より小さなメーカーの商品を扱う方が売れる納得のワケ

umemoto20170713
 

例えばスポーツ店であってもアパレルショップであっても、いわゆる有名ブランドを扱うほうが売れ行きは見込めるように思いがちです。しかし無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者で現役コンサルタントの梅本泰則さんは、敢えて小さなメーカーの商品を扱うことをお勧めしています。その根拠はどこにあるのでしょうか。そしてそこに勝算は?

小さなメーカーが店を救う

以前、まったく業界経験のない方のスポーツショップ立ち上げをお手伝いしたことがあります。その時、なんといってもまず困ったのは商品の仕入れ先を探すことでした。

有名ブランドを扱いたいと思うのは自然のことです。しかし、そうはうまく行きません。メーカーさんに掛け合っても、門前払いをされます。中間の問屋さんにお願いしても、取引をしてくれません

困り果てた彼は、やむなく、それほど有名ではないいくつものメーカーさんのドアを叩きました。ご自分にはビジネスへの思いがありますから、その思いを懸命に訴えていきます。それでも、断られ続けます。しかし、あきらめずに粘り強く取引先を探し続けると、少しづつその思いに共感をしてくれるメーカーさんが現れてきました。

すると、3か月後、何とかお店で売ることのできる商品が集まったのです。めでたく、無事にオープンが出来ました。そればかりでなく、もっと素晴らしいことが起こったではありませんか。全国を駆けずり回って集めた商品はまたたく間に売れてしまいます。素晴らしいですね。

いえ、今回は、このお店のことをお話ししようというのではありません。このお店がとった行動に、あなたのお店の商売のヒントが隠されていることをお伝えしたいのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 大手より小さなメーカーの商品を扱う方が売れる納得のワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい