105歳で逝去、日野原重明先生を変えた「よど号ハイジャック事件」

hinohara20170719
 

生涯現役を貫き、「望ましい生き方と人生の終え方」を提唱し多くの方に影響を与えた聖路加国際病院名誉院長・日野原重明先生が、105歳の天寿を全うされました。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、「よど号ハイジャック事件」を境に大きく変わったという日野原先生の人生観を、先生ご自身が詠まれた俳句などを引きながら紹介しています。

追悼・日野原重明先生

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生が、105歳の天寿を全うされました。その追悼の意味を込めて、日野原先生について紹介した『致知』2012年4月号特集総の一部を紹介します。

100歳はゴールではなく…

人生は順逆の連続という。順逆をこえるとは、順境にも逆境にも負けない自分を創るということである。

日野原先生の100年の人生にも、順境逆境は繰り返されたろう。それをこえ、いまなお使命に生きておられるお姿には神々しさがある。

1970年、日航機よど号ハイジャック事件があった。日野原先生はその機中にいた。58歳だった。事件四日目、乗客は全員無事、韓国・金浦空港で解放された。

靴底で大地を踏みしめると、「無事地上に生還した」の思いが膨らみ、これからの人生は与えられたもの人のために生きよう、という決意に繋がっていったという。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 105歳で逝去、日野原重明先生を変えた「よど号ハイジャック事件」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい