英BBCが「ナチスと中国共産党は同じ」と断じたこれだけの共通点

 

劉さんに負けた習近平

グレイシーさんは、「中国の指導者たちは劉さんを恐れている」としています。

「私は罪となるようなことを何もしていないが、しかし不満はない」。

 

劉暁波氏は2009年、法廷でこのように表明した。そしてそれから刑務所で過ごした長い8年の間、民主主義への思いを決して撤回しなかった。中国の指導者たちは、生きる劉氏を恐れたと同じくらい、死してなお、劉氏を恐れている。無理もないことだ。

「死してなお、劉氏を恐れている」。

そうです。なぜ? まず、グレイシーさんは、中国共産党の現状を書いています。

中国共産党はかつては、信念の政党だった。党のために殉教する覚悟の同志は大勢いた。しかし権力を握ってから70年近くたった今の中国共産党は、硬直的でシニカルな権力者だ。

 

憲法上の権利を求める人を投獄し、投獄した人たちについて国内で話題にすることさえ禁じ、経済力を対外的に駆使して外国政府に沈黙を強いる。習近平国家主席の下、中国はこうした抑圧を熱心に推進し、成功を収めてきた。

中国共産党は、今も昔も「変わらず人権を抑圧してきた」と思うのですが…。それでも、グレイシーさんが中国の現状を正しく認識しているのは、喜ばしいことです。

習近平は「成功を収めてきた」そうです。日本では、「習近平はバカだ!」「習近平はこんな失敗した!」といった話が好まれます。しかし、残念ながら、習近平はうまくやっています。最近の実績をあげれば、

  • トランプを懐柔した
  • グローバリストたちと和解した
  • トランプとプーチンの和解を阻止した

ことなどが挙げられるでしょう。しかし、劉さんについて、グレイシーさんは、

そのなかにあって、劉暁波氏は例外的な、中国にとっての敗北だった。

としています。なぜ?

print
いま読まれてます

  • 英BBCが「ナチスと中国共産党は同じ」と断じたこれだけの共通点
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け