【書評】神が違えばマナーも違う。ビジネスで失敗しない宗教知識入門

shutterstock_292256402
 

世界には様々な宗教が存在し、当然ながらそれぞれに厳しい戒律があります。グローバル化が進む昨今、仕事相手の宗教を知り、そして彼らのタブーをわきまえるのも1つのビジネスマナー。無料メルマガ『毎日3分読書革命! 土井英司のビジネスブックマラソン』では、世界の宗教の入門書が紹介されています。1社に1冊、必携の書です。

要点解説 90分でわかる! ビジネスマンのための「世界の宗教」超入門』 井上順孝・著 東洋経済新報社

こんにちは、土井英司です。

ニューヨークに来るようになって意識したのが、人種や民族、そして宗教の違いです。

「多様性」というキーワードはこれまでにも聞いていたし、重要性も理解していたつもりでしたが、ニューヨークに来るまでは、ここまで意識することはありませんでした。

ニューヨークに来ると、屋台はハラール料理だし、会食すれば相手はヴィーガン(=徹底したベジタリアン)だし、人種によっては歴史的なトピックがタブーです。

意識が高まったところで、そろそろ本格的に勉強したいと思っていたら、良い本を見つけたのでご紹介します。

『90分でわかる!ビジネスマンのための「世界の宗教」超入門』は、國學院大學神道文化学部教授の井上順孝さんがまとめた、「世界の宗教」の入門書。

世界史を学んだ人には、懐かしいトピックが並びますが、その現代的意味や思想に与える影響、ビジネスにおける違い、配慮すべきマナーなど、細かな所に触れているので、社会人にとっても実践的な1冊です。

大学受験の時に、こんな教材で勉強できたらもっと成績も上がっただろうに…。それぐらいわかりやすい本でした。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 【書評】神が違えばマナーも違う。ビジネスで失敗しない宗教知識入門
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け