五輪だけでは無理。カジノ法案先送りで遠のいた「観光立国」日本

shutterstock_83340778
 

カジノの合法化を柱とするいわゆる「IR法案」の今国会での成立を断念した自民党。政府は「2020年の外国人観光客数2,000万人」という目標を掲げていますが、日本を代表する女性カジノディーラーが発行するメルマガ『鍛野ミミの「カジノの目線で」-ここだけばなし-』では、IR法案成立なくしてその達成は厳しいと指摘しています。

今国会で見送られたIR(カジノ)法案とは?

既に皆さんもご承知のとおりIR(カジノ)法案は、今国会は見送りニュースが出てしまいました。

カジノ法案、今国会断念=自民、安保成立に全力

内容は

自民党はカジノ解禁を柱とする「特定複合観光施設区域整備推進法案」について、今国会での成立を断念、先送りする方針を固めた。(時事通信)

ということでした。

更に8月22日

カジノ法案、今国会も断念 自民方針、公明の反対根強く

もネットで流れました。

それによると

カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を促す法案(カジノ解禁法案)について、自民党は今国会での成立を断念する方針を固めた。昨年の臨時国会に続き、次の国会に先送りする。2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせて完成させる考えだったが、間に合わない可能性が高くなった。(中略)カジノを安倍政権の成長戦略の目玉と位置づけてきた首相官邸の幹部も「『安全保障関連法案とカジノの2つも無理だ』と公明党が言うので無理だ」と語った。(朝日デジタル 8月22日(土)配信)

この見出しの「今国会も」、というのがミソなんですけどね…。ちょっと皮肉も交じっている印象を受けますが、まあ事実なので、仕方がないところでしょう。

IR(カジノ)法案の動きに関しては、随分前から行われているわけですが、一般的に知られたのは、ここ2~3年ではないでしょうか。

そこで、下記に少しだけこれまでの経緯をまとめてみました。

情報元は、現在日本で唯一とも言えるカジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト「カジノIRジャパン」からの引用・抜粋です。

もっと詳しい「政治年表」やIR情報が知りたい人は下記へお願いします。

カジノIRジャパン

(情報:カジノIRジャパン/古賀 よしこ 表作成:古賀よしこ)

(情報:カジノIRジャパン/古賀 よしこ 表作成:古賀よしこ)

私は、このカジノ誘致活動を1999年以前からずっと見てきています。

特に2002年10月の都庁イベント「新たな観光資源カジノ」ではカジノイベントの企画運営に携わり、当日はピットボスで現場のオペレーションに携わりました。

あれから既に13年が経過しています。

print

  • 五輪だけでは無理。カジノ法案先送りで遠のいた「観光立国」日本
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け