タクシー運転手の「トイレ」すら許さない、理不尽な駐車禁止の実態

タクシー ジャンクハンター吉田
 

メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストの吉田武さんが、現役タクシー運転手・Kさんに裏話や面白エピソードを聞く連載シリーズ。前回の「白バイ隊員を賄賂で買収したワケあり客」に続き、今回は、「警察に頼み込んで駐車違反をもみ消す方法」というアンタッチャブルなエピソードを暴露しています。

● 【関連記事】白バイ隊員を賄賂で買収。タクシー運転手が驚いたワケありな客

ベテランタクシー運転手が味わってきた様々な交通事案 その2

Kさん:それにしても白バイ隊員に賄賂が通じるなんて私としても意外でしたが、さすがに運転手側から賄賂渡しての交渉なんてさすがにやる勇気はないですね(苦笑)。お客さんだからこそ交渉可能なやり方な気がします。

吉田:僕の父親がタクシーの運転手やっていた頃に極度の腹痛に襲われたそうで、トイレに駆け込むべく、路上駐車してデパートのトイレへ入ったんですね。小ではなく大のほうでしたから当然時間かかったわけで、戻ってきたらフェンダーミラーのところに駐車違反のワッパが付けられていたと。その間は約20分ぐらいだったらしいですが、お客さんの利用待ちさせないためにフロンガラスのダッシュボード上に回送板立てて、さらに「デパートのトイレを使用しに行ってます」とメモも残していたんです……が、駐車違反にされて父親は激昂(笑)。

Kさん:当時は駐車監視員なんていませんでしたから、警ら中の警察官が取り締まったんですね。それにしても容赦ないですねぇ……。

吉田:その容赦ない取り締まりに疑問を抱いた父親は、取り締まった担当の警察官とサシで話をしに所轄の警察署へクレームを入れにいったんです。

Kさん:お父様がそこまで納得行かずに所轄へクレーム入れに行くというのには何か理由があったのでは?

吉田:ええ。自身がプライベートでバイクを乗っている時にスピード違反で捕まっていたんですね。そのせいで駐車違反で青キップ食らってしまったら累積で免許停止になり、タクシーの仕事ができなくなるという裏がありました。僕的には自業自得だろって思いましたけどね(苦笑)。

Kさん:ああ、なるほど。死活問題ですもんね。

print

  • タクシー運転手の「トイレ」すら許さない、理不尽な駐車禁止の実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け