絶好調の台湾・圓山大飯店の再生劇の影に見える、中国の自業自得

 

中国は、台湾に対して気に食わないことがあると、中国人観光客を台湾に行かせないようにして、台湾の観光業に打撃を与えようとするのが常套手段です。しかし、中国人観光客が減ったことにより、その他の諸外国からの観光客が台湾に来るようになりました

もちろん、台湾人としてもマナーの悪い中国人よりも、その他の国からの客のほうが有り難いため、災い転じて福となった感じです。たとえ欧米や日本などからの観光客が、中国人のような爆買をしなくても、宿泊や買い物をすることで経済効果はあるし、それ以上にマナーがいいので大歓迎です。

また、習近平は中国人の爆買による国内資金流出を恐れており、海外で購入した商品に関税を課すなどで、爆買規制をしています。行き先を規制され、海外で使うお金も規制された中国人観光客は、フラストレーションがたまるばかりです。

「爆買い」に赤信号? 中国が関税引き上げの強行策

先に述べた世界各国での中国人観光客の暴力的行為も、そうしたフラストレーションが関係しているのかもしれません。

激動の歴史を乗り越え復活した圓山大飯店の再生劇の影には、中国の自業自得によるほころびも垣間見えるのです。

(続きはご購読ください。初月無料です)

image by: Flickr

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年2月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

黄文雄この著者の記事一覧

台湾出身の評論家・黄文雄が、歪められた日本の歴史を正し、中国・韓国・台湾などアジアの最新情報を解説。歴史を見る目が変われば、いま日本周辺で何が起きているかがわかる!

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」 』

【著者】 黄文雄 【月額】 初月無料!月額660円(税込) 【発行周期】 毎週 火曜日 発行予定

print

  • 絶好調の台湾・圓山大飯店の再生劇の影に見える、中国の自業自得
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け