業界がざわついた「ZOZOスーツ」、アパレル以外にも常識を覆す可能性

zozo town ZOZOスーツ
 

昨年11月から話題を呼んでいる採寸ボディスーツ「ZOZOスーツ」は、あまりにも多くの予約が殺到し、年が明けて2月となった今もまだ手元に届いていない人が多いようです。今回のメルマガ『j-fashion journal』では、著者でファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さんが、ボディサイズデータを簡単に集められる「ZOZOスーツ」に秘められた新しいビジネスの可能性について探ります。

今後、ZOZOスーツがもたらすもの

1.採寸ボディスーツ「ZOZOスーツ」

ゾゾタウンは昨年11月、画期的PBの発表を告知していた。どんな製品が出てくるのかと楽しみにしていたのだが、発表されたのは通常のアパレル製品ではなかった。

まさに画期的なZOZOスーツだったのだ。

ZOZOスーツは、伸縮センサーを内蔵した採寸ボディスーツであり、上下セットを着用し、スマホをかざすだけでデータが読み取れる。

そのハイテク入力端末を無料配布したのである。

一気にシェアを高め、人間のボディに関するデータを独占的に収集し、ボディをネットにつなぐ。ボディIotビジネスの独占を狙っているのかと思わせる大胆な戦略であり、投資である。

これによって、今後のネット販売のインフラの一つを掌握することになるだろう。他のアパレル企業がネット販売する時に、ZOZOスーツが収集した採寸データを入手することができれば、様々なサービスが可能になる。

プラットホームの提供データの提供ができるのは、ゾゾタウンだけになるのだ。

インターネットで服を購入する際、最も問題になるのはサイズである。画像だけではサイズは分からないし、サイズ表記は同じでも、メーカーやブランドによって製品のサイズが異なる。

消費者はジャストサイズの服が簡単に探せるのなら、自分のサイズをクラウドに上げることに躊躇しないだろうし、無料なら尚更だ。

事実、注文が殺到している。

2.ボディサイズデータのビジネス

日本中の詳細なサイズデータを個人別に集めることで何ができるだろう。

第一に、保険会社はメタボの人をチェックできる。メタボの人の保険料を調整することもできるだろう。

また、急激な体型の変化により、疾病を予測することもできるかもしれない。

第二に、病院や医薬品、サプリメント業界のビジネスにもつながる。週に一度、ZOZOスーツを着用すれば体型の変化がわかるし、心拍計、運動量計、血圧計等の機能を持つスマートウォッチと併用すれば、かなりの身体的データが収集できる。そのデータを病院や医薬品業界が活用できれば、健康に関する様々なアドバイス等を行うことができるだろう。

第三に、ダイエット関連、トレーニングジム、エステサロン等の業界の活用も考えられる。こちらは、データを美的な観点から活用する。

第四に、人間工学的分析によるバス&トイレ関連、家具、キッチン、ベッド、寝装品関係の業界への活用も考えられる。

第五に、高齢者のデータだけを集めれば、介護福祉関連の業界でのデータ活用も可能だろう。

以上のように、アパレル製品の活用だけでなく、様々な分野でプラットホーム活用データ活用が考えられるのである。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 業界がざわついた「ZOZOスーツ」、アパレル以外にも常識を覆す可能性
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい