韓国で大絶賛。小平奈緒が見せたイ・サンファへの「最大の配慮」

2018.02.19
1190
スピードスケート 平昌五輪 小平 金メダル 日韓 キムチパワー※写真はイメージです
 

2月18日に行われた平昌オリンピックスピードスケート女子500メートルで、悲願の金メダルを手にした小平奈緒選手。同種目五輪3連覇が期待された韓国代表のイ・サンファ選手を下しての優勝となったわけですが、韓国ではどのように報じられているのでしょうか。無料メルマガ『キムチパワー』で韓国在住の日本人著者が、「21世紀の中でも『大事件』に数えられる出来事」として伝えてくださっています。

奈緒とサンファ

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルが18日、当地の江陵オーバルで行われ、小平奈緒(31、相沢病院)が36秒94で五輪新記録をマークこの記録で金メダルに輝いた。

奈緒は14組。ライバルの韓国のイ・サンファ(李相花)は次の15組。奈緒がオリンピック記録をマークした後の行動が全世界の(特に韓国の)人々を驚嘆させた。

静かに! というジェスチャーをしたのである。

おそらく次に控えているイ・サンファに対する最大の配慮だったものと思われる。自分は今オリンピック記録をたたき出したけど、次のサンファにもがんばってもらいたい。平常心でがんばるには観衆のドンちゃん騒ぎはよくない。そういう思いで静かにしてほしいというジェスチャーをしたのだろう。

観衆も奈緒のその合図をすぐ受け止め会場は静かになりイ・サンファのスタートは完璧の状態で実現した。はじめの200mくらいまではサンファのほうが早かった。結果的には奈緒の36秒94が五輪新記録かつ金メダルとなったけれど。

イ・サンファがレースを終えて奈緒の記録より下であることを確認する。サンファははじめは涙はなかったが、数秒後からはほとばしる涙にうずもれた。あの涙は、奈緒に負けて悔しいというよりは、3回のオリンピック、大怪我もありいろいろの挫折もあったなかでよくやってきたなあ、という自分への慰めの気持ちや、家族や世話になった人々への感謝、これで責任は果たせたという安堵感…、、そういった万感の思いが一度に湧きあがってきたからだと筆者は思う。一部マスコミは、奈緒に負けての悔し泣きみたいな書き方をしているけれど決してそうではない

サンファのレース後、奈緒がサンファに近づいていった。「いい記録が出せたね」とサンファ。「サンファもがんばったよね。あたし、今でもサンファのこと、尊敬してるんだ」「奈緒は、500だけじゃなく1,000にも1,500にも出てすごいよ。奈緒が一番だわ」

そんな会話があったみたいだ。筆者の想像の部分もちょっとあるけど、だいたいそんな対話がなされたと2月19日(月)朝の韓国のMBCというテレビがいっていた。奈緒を讃える報道が韓国のどのテレビ・新聞でもやられている。21世紀の中でも「大事件に数えられる出来事だと思う。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国で大絶賛。小平奈緒が見せたイ・サンファへの「最大の配慮」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい