警察官あ然。タクシー運転手をかばい説教を始めた昭和の大物俳優

shutterstock_573350386
 

メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストの吉田武さんが、現役タクシー運転手・Kさんに裏話や面白エピソードを聞く連載シリーズ。前回の「タクシー運転手の「トイレ」すら許さない、理不尽な駐車禁止の実態」に続き、今回は、ある「昭和の大物俳優」を乗せた際のエピソードについて。タクシーを一方的に加害者と決めつけて車を止めさせた警察官が、目の前にいるのが国民的スターだと気付いたときの反応は…?

● 【関連記事】タクシー運転手の「トイレ」すら許さない、理不尽な駐車禁止の実態

昭和の大物俳優は器が違う。ベテランタクシー運転手が味わってきた様々な交通事案 その3

吉田:Kさんは著名人の方を乗せた時のエピソードなんて持ってます?

Kさん:いっぱいありますよ。個人情報を出すのはさすがに抵抗ありますのでお名前は控えさせて頂きますが、吉田さんが食いついてくれそうなお話ですと……とある昭和から活躍していた有名な俳優の方を銀座から六本木まで乗せたんですね。

タクシーへ乗せた時からお酒の匂いがプンプンしてまして、相当飲んでいたみたいだったんですが、六本木で約束があったそうでタクシーへ乗り込むなり「急いで六本木の交差点までよろしく」と一言。その恰幅良い俳優さんは俳優らしいオーラを出していましたので、映画で観る雰囲気と変わらぬカッコ良い方でした。私もタクシー運転手を始めて2年目だったでしょうか。

「運ちゃんさ、まだ初心者だろ。急いで六本木へって言ったのは取り消しでいいよ」と、私の対応がヘタだったことを察して飛ばして向かわなくても良くなったんです……が、信号を右折した時、赤信号にも関わらず酔っぱらいのサラリーマンが横断歩道を渡ろうとして飛び出してきたんです。急ブレーキをかけてぶつかるのだけは回避したんですが、そのサラリーマンは驚いたはずみで後ろへお尻から転倒。後部座席にいる俳優の方も前のめりでツンのめってしまい、私は彼のことも気にしようとしたところ、警察官がたまたまその現場にいて歩行者妨害扱いで交通違反で青キップを切ろうとしてきたんです。

print

  • 警察官あ然。タクシー運転手をかばい説教を始めた昭和の大物俳優
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け