あの1万円の商品、実は100円の価値? 私たちが気づかぬ本当の値段

shutterstock_534050776
 

有名なチェーン店だから、テレビで宣伝しているからという理由だけで商品を購入していることはありませんか? その多くの場合、商品の価値とは関係のない広告宣伝費や商品の包装などにお金を支払っていることに気づく人は少ないのかもしれません。メルマガ「富と成功の5つのタネ」の著者である音多秀茂さんが、お金の価値観について目からウロコの見方を教えてくれました。 

お金の価値観~価格と価値

今日は人間関係のタネをお届けします♪

私は手頃な服を探すのに某カジュアル衣料品店で買い物をする事が多く、特に下着や靴下、家着を中心に購入しています。が、ここ数年、そこで買う服の全てに「毛玉が出来やすい」事に嫌気がさしていまして(>_<)、徐々に購入を控えるようになりました。特に靴下なんて数回履いただけで毛玉だらけ。家着などは数千円出して買うわけですが、ワンシーズンで服か毛玉か分らない状態になります(苦笑)。

ではこれを今回のテーマの「価格と価値」に置き換えて考えてみましょうか。

私がこのお店に対して持つメージは「そこそこの品質とそこそこの価格」です。総じて考えると「コストパフォーマンスが良い」というイメージを持っていた(持たされていた)から買い続けてしまったわけです。つまり私にとってそのお店の商品価値は、価格と同等かそれ以上だったわけですね。しかし実際に購入すると、その価値は「毛玉が出来やすい」という事で実際よりも低いと感じた。なので今後は購入を控えようと思った、というのが事実です。

ここで分るのは、価格と価値の関係には常に注意しなければならない「差」があるという事です。特に我々が実際に支払うお金(価格)が、商品価値より大きい場合には注意が必要ですよね。そこに気付けないと安物買いの銭失いになったり、流行に流されて無駄に高いお金を支払う事になります。

しかし「価値」とは情報です。それは店側がコントロールキーを持っており、本当の価値は覗けません。例えば日頃テレビで有名人を使った宣伝広告を見て「安心、高品質、かっこいい、おしゃれ、リーズナブル」といったイメージを与えられたら、無意識にそのブランドに対する我々の価値基準は上がってしまいます。何よりその商品が持つ本当の「機能性や品質」といった価値は、開発現場や工場に足を運ばないと分りません。

じゃあどうすれば価格と価値の差に気付けるか…?

その後洋服の毛玉に困っていた私は、テレビショッピングで実演販売していた「高級毛玉取りブラシ」を購入してしまいました。無駄な買い物とはこうして連鎖的に増えて行くんですね(笑)。

私が購入したブラシは桐箱に納められて1万円程する高級品。テレビの演者が手際良く毛玉を取り、カシミヤブラシで衣類を仕立てる様を見ていたら「ひとつ一生物で持っていても良いかなぁ」とイメージが膨らんで買ってしまいました(まさにテレビの思うツボです)。

で、この商品の価格と価値にもまた大きな開きがあります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • あの1万円の商品、実は100円の価値? 私たちが気づかぬ本当の値段
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい