前代未聞「森友文書改ざん」問題、新聞各紙がどう報じたか徹底比較

uttii20180313
 

先日掲載の「朝日新聞の刺客、『森友文書』改ざん問題は内閣を2つ吹き飛ばすか」でもお伝えしたとおり、政界を大混乱に陥れた朝日新聞のスクープ。3月12日、ついに財務省は森友学園を巡る決裁文書の14件の書き換えを認め、野党はもちろんのこと与党内からも批判が相次いでいます。前代未聞のこの大問題を、新聞各紙はどう伝えたのでしょうか。ジャーナリストの内田誠さんが自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』で詳細に分析しています。

財務省の森友文書改ざんを新聞各紙はどう伝えたか

ラインナップ

◆1面トップの見出しから……。

《朝日》…「財務省 公文書改ざん」
《読売》…「森友文書15ページ分削除」
《毎日》…「森友14文書 改ざん」
《東京》…「森友14文書改ざん」

◆解説面の見出しから……。

《朝日》…「削られた『昭恵氏』」
《読売》…「森友 見えぬ収束」
《毎日》…「にじむ官の配慮 揺らぐ安倍政治」
《東京》…「消された『政治の関与』」

ハドル

一も二もありません。財務省が公文書改ざんを認め、事態を大きく変わりました。各紙フルスペックかと思いますので、見出しが多くなりすぎるかもしれませんが…。

基本的な報道内容

財務省は、森友学園との国有地取引に関する決裁文書14件を意図的に改ざんしていたことについて、国会に報告した。森友学園の問題が発覚した昨年2月から4月までに理財局の職員によって行われていた改ざんは、14文書でおよそ300カ所。合計で75ページ分あった14の文書から15ページ分が削除されていた。削除された部分には、学園に対する特別扱いや価格の事前交渉を窺わせる記述、複数の国会議員による働きかけなどの記載、さらに、安部晋三氏麻生太郎氏などの名に加えて、安倍首相夫人の昭恵氏の名や昭恵氏の発言とされる内容も含まれていた。改ざんの理由については、佐川理財局長の国会答弁との整合性を取るためだったと説明した。

安倍首相は「行政全体の信頼を揺るがしかねない事態で、行政の長として責任を痛感している。国民の皆さまに深くおわびしたい」と謝罪。麻生財務相については「全容解明のために責任を果たしてもらいたい」と続投させることを表明。麻生氏も「進退は考えていない」と辞任拒否。麻生氏は、理財局の一部の者が行ったことであり、最終責任は当時の理財局長佐川氏だとした。

財務省による森友文書改ざんに抗議して、東京・永田町の首相官邸前に1,000人が集結。もとSEALDsの奥田愛基さんらがSNSで呼び掛けたもので、「うそつくな」「安倍内閣は終わりだ」「国民をなめるな」など怒りの声を挙げた。抗議行動は13日以降も続けるという。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 前代未聞「森友文書改ざん」問題、新聞各紙がどう報じたか徹底比較
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい