日大アメフト内田前監督に指導者の資格がない明々白々な理由

shutterstock_461317327
 

アメフトの悪質な反則タックル問題を巡り呆れる他ない会見を開いた日大、責任逃ればかりを繰り返しているようにも見える我が国の行政府のトップ……。今問題となっているのが、「指導者」としての資質です。では、優れた指導者とはどのような人物なのでしょうか。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者の梅本泰則さんが、松下幸之助氏が著した一冊の本からそのヒントを探っています。

優れた指導者になるには条件がある

国も企業もスポーツも、その組織の指導者によって良くも悪くもなります。政治家や官僚、企業経営者、スポーツの監督などによってもたらされる事柄をみれば、そのことがよく分かるというものです。ですから、優れた指導者によって立派になった国や企業やスポーツチーム・組織があります。

では、優れた指導者とはどんな人物をいうのでしょう。結構むつかしい質問ですよね。

私の書棚に、一冊の本がありました。本のタイトルは『指導者の条件』。著者は、あの松下幸之助翁です。この中には、102の指導者の条件」が書かれています。そこで、全部はご紹介できませんが十数個ピックアップすることにしました。これだけでも、優れた指導者になるヒントがありそうです。

まずは、指導者の基本的な心構えに関するものをいくつか紹介します。最初にあげる「条件」は、

指導者はつねに理想を描き、大きな志を持たなくてはならない

当然ですよね。ものごとは、ここから始まっていきます。理想も志もない指導者は、組織を立派にすることはできませんし周りもついていきません。

次の条件は、

指導者には、一つの指導理念がなくてはならない

これは、憲法や企業理念ということではなく、組織を引っ張っていくときの考え方を指しています。生きた国家経営、企業経営をするには指導者の目指す姿を明確に持つということです。そして、時々の情勢に合わせて具体的な方針を打ち出すことが指導者には求められると、松下翁は言っています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日大アメフト内田前監督に指導者の資格がない明々白々な理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい