高くても好調ルノアール、安くても苦戦ドトール…喫茶店に明暗

 

コンビニまでもが脅威のドトール

低価格帯の筆頭格、ドトールは現在国内で約1,120店を展開していますが、店舗数は長らく1,100店台で推移しており近年は成長が見られません。飽和感が漂っています。またドトール・日レスが今年5月11日に発表した、4月の月次開示情報によると、ドトールの既存店売上高は1月から4月まで4カ月連続で前年割れとなりました。

さらに同社が7月13日に発表した2019年2月期第1四半期の連結決算では、期初の天候不順やディナータイムの客数減少を補えず、減収減益と低調だったということです。低価格帯のドトールでも苦戦している状況がうかがえます。

こうした状況から、ドトール・日レスは高価格帯の星乃珈琲店に力を入れているという側面があります。

低価格帯のコーヒーチェーンは他に、ホットコーヒーを240円で提供する「プロント」(約220店)やブレンドコーヒーが200円の「ベローチェ」(約170店)などが存在し、ドトールなどと顧客を奪い合っています

そして、コンビニエンスストアが大きな脅威となっています。セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンの3社は100円台という圧倒的低価格でコーヒーを提供しています。3社とも販売に力を入れており、適宜リニューアルするなどしてコーヒーの品質を高めることに努めています。

3社合計の国内店舗数は現在5万1,000店を超えています。鈍化はしているものの店舗数は今でも伸びています。また、店内で飲食できるイトーインを併設した店舗を増やしています。コンビニのカフェ化が進んでいるといえ、低価格帯のコーヒーチェーンにとって大きな脅威となっています。

高価格帯市場ではルノアールと星乃珈琲店に勢いがあります。一方、低価格帯市場ではドトールを中心とした業界の垣根を超えた激しい競争が繰り広げられています。他に、スターバックスコーヒーやコメダ珈琲店が勢いを盛んにしており、業界内外での競争が激しさを増しています。勢力図がどのように変遷していくのか、目が離せません。

satoblog

店舗経営コンサルタントの視線で企業を鋭く分析!
毎日更新されるブログはこちら

佐藤昌司のブログ「商売ショーバイ」

image by: Wikimedia Commons(Kentin)

佐藤昌司この著者の記事一覧

東京MXテレビ『バラいろダンディ』に出演、東洋経済オンライン『マクドナルドができていない「基本中の基本」』を寄稿、テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!スペシャル「並ぶ場所にはワケがある!行列からニッポンが見えるSP」』を監修した、店舗経営コンサルタント・佐藤昌司が発行するメルマガです。店舗経営や商売、ビジネスなどに役立つ情報を配信しています。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業 』

【著者】 佐藤昌司 【発行周期】 ほぼ日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    (SBIエステートファイナンス)
  • 高くても好調ルノアール、安くても苦戦ドトール…喫茶店に明暗
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい