わかりやすさが第一。子供を叱らずにすべきことをさせるシステム

shutterstock_332150015
 

日本社会はせちがらく、職場でも学校でも事細かいルールを強いられ、こなせないと「まるでダメオ」の烙印を押されてしまいます。ところが親の心配をよそに、当の子どもたちは全く無頓着です。今回の無料メルマガ『親力で決まる子供の将来』では著者で漫画「ドラゴン桜」の指南役としても知られる親野智可等さんが、悩める親御さんのために習慣づけの極意を伝授します。

やるべきことの「見える化」が実行につながる

子どもがやるべきことってくれないと、つい叱りたくなるものですね。でも、口で叱るだけではなかなかできるようになりません。それどころか、叱ることが増えると人間関係がギクシャクしてきます

そこで私がお薦めしているのが叱らないシステム」です。これは、叱らなくても子どもが自然にできるように合理的な工夫をするということです。

例えば、あるお母さんは、子どもが学校から帰ってきたら次の4つのことをさせたいと思っていました。

  1. うがい・手洗い。
  2. 給食セットを流しに持っていく。
  3. お便りをテーブルの上に出す。
  4. 宿題の準備をする

でも、子どもがやり忘れることが多くて叱ってばかりいました。あるとき思い立って、お母さんは、これらの4つをカードに書いてホワイトボードに貼りました

そして、「これを見てやってねやったらカードをひっくり返して貼るんだよ」と伝えました。カードの裏にはにっこり花丸」を描いておき、ひっくり返すとそれが出るようにしました。

すると、たったこれだけのことで、子どもは確実にやれるようになったそうです。

この方法のいいところは、1つには、やることが目に見えてわかるように「見える化されていることです。やることの「見える化」によって実行につながることは、大人でもよくあることです。

もう1つは、実行したら花丸が出てちょっとした達成感が持てるということです。ちょっとしたことでも子どもはうれしいものなのです。

みなさんも、子どもたちにやらせたいことを見える化してさらにちょっとした達成感も持てるようにするといいのではないかと思います。

初出『Smile1』(学研エデュケーショナル)

image by: Shutterstock.com

親野智可等この著者の記事一覧

5年連続でメルマガ大賞の「教育・研究」部門賞を受賞!家庭教育メルマガの最高峰。教師生活23年の現場経験を生かし、効果抜群の勉強法、子育て、しつけ、家庭教育について具体的に提案。効果のある楽勉グッズもたくさん紹介。「『親力』で決まる!」(宝島社)シリーズは30万部のベストセラー。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 親力で決まる子供の将来 』

【著者】 親野智可等 【発行周期】 不定期

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • わかりやすさが第一。子供を叱らずにすべきことをさせるシステム
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい