日本のサラリーマン経営者がAmazonやAppleに勝てぬ当然の理由

shutterstock_681649144
 

かつては世界をリードしていたものの、今やすっかり凋落した観のある日本企業。取って代わるように躍進したアップルやアマゾンといった企業との差はますます開くばかりです。なぜこのような事態に陥ってしまったのでしょうか。世界的エンジニアでアメリカ在住の中島聡さんが、自身のメルマガ『週刊 Life is beautiful』の中で、日本企業がアマゾン等に水を開けられ続ける理由を考察しています。

※ 本記事は有料メルマガ『週刊 Life is beautiful』2018年9月4日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール中島聡なかじまさとし
ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。

私の目に止まった記事

“GAFA”躍動のアメリカ、“失われた30年”の日本 ― 朝倉祐介が語る今すべき思考の転換

日本の失われた20年が30年になろうとしていることに関して、私と同じように問題意識を持っている朝倉祐介氏の考え方の紹介です。

朝倉氏は、日本企業が短期的な利益だけを求める「PL脳」に陥っており、長期的な企業価値の向上を目指している「ファイナンス脳を持つアップルやアマゾンに負けていると表現しています。

ファイナンス側の人からすれば、これが正しい表現なのかも知れませんが、私は、こんな見方では日本企業を立ち直らせることは出来ないと思います。

企業価値を向上させるには、経営陣が「どこで勝負する会社なのか」という明確なビジョンを持つ必要があります。残念ながら、日本の大企業の経営者は、誰もが起業経験を持たない叩き上げのサラリーマン経営者なので、小手先の効率化、品質向上、機能アップは得意なのですが、アマゾンやアップルの経営者たちのようなビジョンは持ち合わせていないのです。

そんな人たちに、PL脳に陥らずに長期的に企業価値を増やすことに専念しろ、と言われても、それは野球選手にサッカーをしろと言っているようなもので、非常に難しいと思います。

ソニーのケースで言えば、本当に企業価値の向上を目指すのであれば、さっさと(企業価値を向上させるのに役に立つとは思えない)スマートフォン事業からは撤退しスマートフォンやセキュリティカメラ向けのカメラモジュールのシェアを1%でも向上させることに全精力を傾けるべきなのです。

しかし、サラリーマン経営者には、そんな痛みを伴う改革をする勇気もなければ、リーダーシップもないため、結局のところ、「もう少し頑張ってみよう」というだらしない決断をするしかないのです。

サラリーマン経営者の批判ばかりして来ましたが、創業者・起業家とサラリーマン経営者の一番の違いは、当事者意識の違いです。大株主であれば「会社の持ち主」として振る舞うのは当然で、勝ち目のない市場に残り続けることは「自分の財産を減らす」ことに直結するので、とても真剣になります。一方、サラリーマン経営者は、所詮一過性の「雇われ経営者」でしかないので、自分の任期中に大きな問題さえ起きなければ良く、痛みの伴う大改革などする理由がないのです。

つまり、朝倉氏がいくら「PL脳に陥るな、ファイナンス脳を持て」とサラリーマン経営者に訴えたところで、彼らがオーナー経営者のように振る舞うことは期待できないのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本のサラリーマン経営者がAmazonやAppleに勝てぬ当然の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい