台湾人「外交官」を自殺へと追い込んだ、中国の卑劣な偽ニュース

kou20180926
 

9月4日、台風21号による浸水被害で大混乱に陥った関西国際空港。国内外でも大きく報じられましたが、中国が意図的とも思える「フェイクニュース」で台湾人外交官を自殺に追い込んだという報道が耳目を集めています。この件について、台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で詳しく紹介。そのしたたかな習近平政権のやり口を批判するとともに、関空がフェイクニュースの舞台に選ばれた理由についても持論を展開しています。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年9月25日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【台湾】台湾人外交官を死に追い込んだ中国フェイクニュースの実態

台湾・大阪処長が自殺

9月14日朝、台湾外交部は蘇啓誠(そ・けいせい)台北駐大阪経済文化弁事処領事館に相当の処長61が自殺したと発表しました。まずは、亡くなった蘇氏のご冥福を祈るとともに、日台関係の発展にとって必要な人材を亡くしたことを大変残念に思います。

ことの発端は台風による影響で、関西国際空港に多数の外国人旅行者が取り残されたことから始まりました。当時の関空がどのような状況だったかについては、以下報道を一部引用します。

9月4日、関空では台風21号の影響で大規模浸水被害が発生。滑走路は閉鎖され、ターミナルも機能を停止した。また大阪湾に停泊していた貨物船が流されて、本土と空港を結ぶ連絡橋に激突。空港への行き来が事実上不可能となり、台湾人や中国人を含む数千人の旅行者が空港内に取り残された。

大阪駐在の台湾外交官はなぜ死を選んだのか

日本人も外国人も空港から出ることができず、その場にいる人々は皆イライラしている状況だったことでしょう。このフラストレーションが渦巻いた状況下で、中国が巧みにフェイクニュースを流したのです。以下、上記サイトの報道を引用します。

中国のネット上では中国大使館の尽力によって、関空から取り残された中国人旅行客がバスで優先的に避難したという情報がSNSを中心に流れた。

 

中国ではこの情報に「祖国は偉大だ」など賞賛する書き込みが相次ぎ、9月6日までに中国共産党の機関紙である人民日報系列の新聞、『環球時報』など公的メディアの電子版も拡散した情報に追随して報道した。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 台湾人「外交官」を自殺へと追い込んだ、中国の卑劣な偽ニュース
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい