【書評】「愛国心」が日本を救う?人気経済学者・高橋洋一の主張

1003_kitano
 

毎回世界情勢をわかりやすく解説する無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。そんな北野さんが今回、「彼の言うことを聞いていれば、もっと日本はすごいことになっていた」と絶賛する高橋洋一氏が、愛国心について綴った著書を紹介しています。

愛国とリアリズム

今、とても面白い本を読んでいます。

81LBJxdbhML 『愛国のリアリズムが日本を救う
高橋洋一 著/育鵬社

私には、尊敬する人がたくさんいます。その中でも、「この方は本当にすごい!!!」と感じているのは、高橋洋一先生です。

私は、メルマガを19年配信しています。そして、それより前から、いろいろな人の本を読み勉強していました。それで、「この人は、昔はこんな主張をしていたが、今はこう変わった」とか、「この人は、昔こんな予測をしていたが、今は全然変わった」とかわかります。

「一貫して予測があたりつづけている人」とか「一貫して主張がぶれない人」は、あまりいません。高橋先生は、「大昔から同じことを言いつづけている」数少ない人です。

そして、総理に返り咲いた安倍さんは、まさに高橋先生が主張する経済政策=大規模な金融緩和を実行しました。それで2013年は、突然好景気になった。しかし、2014年、安倍総理は、高橋先生が反対しつづけていた政策(=消費税引き上げを実施しました。すると、成長率が大きく鈍化してしまった(2013年は2%の成長、14年は0.38%)。

私は、安倍総理を支持していますが、「高橋先生のいうことを聞いていれば日本はもっとすごいことになっただろう」と確信しています。そんな高橋先生が、非常に興味深い新刊を出されます。

愛国のリアリズムが日本を救う』。

驚きました。高橋先生がリアリストであることは、疑いありません。しかし、先生が「愛国心」について語っておられるのは、あまり聞いたことがない。興味がでてきました。

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • 【書評】「愛国心」が日本を救う?人気経済学者・高橋洋一の主張
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け