ようやく本腰。憲法改正ではなく少子化問題解決を選んだ安倍総理

 

世界最高の戦略家ルトワック、「少子化問題」を語る

最近、「全国民必読の書」が発売になりました。世界一の戦略家と呼ばれるルトワックさんの新刊『日本4.0 国家戦略の新しいリアル』です。

ルトワックさんは、最新刊の中で、「少子化問題を日本最大の問題の1つと位置づけています。少し引用しておきましょう。

日本は長年、少子化問題を議論しながら、人口減少という国家にとって真の危機を間近にしても、思い切った施策を打ち出そうとしていない。そもそも将来の納税者が減少すれば、近代国家は衰退するしかないのだ。

親日家のルトワックさんですが、この問題については、日本政府を強く批判しています。

もうひとつ、子どもがいなければ、安全保障の議論など何の意味もないということだ。人間の人生には限りがあり、未来は子どもの中にしかない。当然、国家の未来も子どもの中にしかなく、それを守るために安全保障が必要なのである。どんなに高度な防衛システムを完成させても、国内の子供が減り続けている国が戦争に勝てるだろうか? 未来の繁栄が約束されるだろうか?

そしてルトワック氏は、少子化解決のための具体的方策も提案しています。

もし日本が本当に戦略的な施策を打ち出すのであれば、最も優先されるべきは、無償のチャイルドケアだろう。スウェーデン、フランス、イスラエルは、高い水準のチャイルドケアシステムを整備し、実際に子供が増えている。

まずは不妊治療の無料化。イスラエルはこれを100%実施している。次は出産前の妊婦が必要とする諸費用、出産費用、さらに小学校に行くまでのチャイルドケアの費用を国が負担することである。

これらの施策も「社会主義的だ!」と批判する人がいるでしょう。ルトワックさんは、「極端に保守化した人たちを批判します。

高齢化が行き着くと、国内の雰囲気は保守化し、悲観的になる。未来のことを考えない近視眼的な思考がはびこるようになるのだ。私は日本の右派の人々に問いたい。あなたが真の愛国者かどうかは、チャイルドケアを支持するかどうかでわかる。民族主義は国旗を大事にするが、愛国者は国にとって最も大事なのが子どもたちであることを知っているのだ。

私は、「真の愛国者」かどうかわかりませんが、「真の愛国者でありたい」とは思っています。それで、もちろん「少子化対策」を支持します。皆さんは、いかがでしょうか?

安倍総理は就任されると、まず大規模な金融緩和を実施しました。おかげさまで新卒大学生は、「3社も4社も内定をもらっている人だらけ」だそうです。その次、総理は、「集団的自衛権行使」を認める「安保関連法を成立させ日米関係を劇的に改善させました。それで、中国は、なかなか尖閣を侵略できないでいます。その後は、「働き方改革法を成立させました。この法律は、「月100時間(=週25時間=1日5時間)の残業」を「合法」とする、ひどい内容です。それでも、「働き方改革、働き改革!」と大騒ぎしたおかげで、実際に残業が減っているようです。

次に総理が選んだテーマは、「憲法改正」ではなく「少子化問題」でした。既述のように、「憲法改正」を強行すれば、日本の国論は完全に二分し、習近平は大喜びしたことでしょう。しかし、総理は、賢明にも「少子化問題」を次のテーマ
に選んだ。実にすばらしいことだと思います。

image by:首相官邸 - Home | Facebook

北野幸伯この著者の記事一覧

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2015年・総合大賞一位の実力!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 ロシア政治経済ジャーナル 』

【著者】 北野幸伯 【発行周期】 不定期

print

  • ようやく本腰。憲法改正ではなく少子化問題解決を選んだ安倍総理
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け