先の大戦を思い出せ。米中貿易戦争で「歴史的岐路」に立つ日本

05usa01 copy
 

米中貿易戦争は経済戦ですが、世界史80年周期説の観点から「2018年は第2次世界大戦勃発から約80年後」に該当するため、第3次世界大戦としても間違いはないとも言われます。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、過去の大戦を紐解き日本が孤立し大敗した4つの過ちを示し、現在の「米中覇権争奪大戦」でとるべき同盟のあり方などについて詳しく解説しています。

日本の岐路~日本が犯した4つの間違い

時々、この話しますが、「歴史は80年周期で繰り返される」という説があります。この件、細かく解説しているのが、こちらの本。『フォース・ターニング 第四の節目』。これ、トランプさんの最側近だったバノンさんのバイブルだそうです。

そして、著者のストラウスさんとハウさんは、この理論を基に、これまで数々の予測をあててきた。それで、「ホントにそうなのかもしれん」と考えている人が多い。バノンさんを起用していたトランプさんは、もちろん、この話を知っているはず。どの程度信じているかは不明ですが。

どうなんでしょうか?私には、わかりません。しかし、08年に「100年に一度の大不況」が起こった時、確かに「1929年の世界恐慌」を思いだしました。正確にいうと80年ではなく、79年ですが。

しかし、その後の歴史は、異なってみえました。前回の大恐慌時アメリカ大統領は、「古典派のフーバーさんだった。それで、何も対策を打たないまま時間が流れ、状況が悪化しつづけていった。

ところが、80年後に大統領になったオバマさんは、過去の教訓から学んでいました。即座に大規模な金融緩和を実施した。そして、数年間200兆円単位の財政赤字を出しながら、企業を救済していった。結果、アメリカも世界経済も救われました。それで、オバマさんの人気は、いまだに民主党ナンバーワンなのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 先の大戦を思い出せ。米中貿易戦争で「歴史的岐路」に立つ日本
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい