武田教授が苦言。医師たちが続ける高齢者への誤ったアドバイス

shutterstock_1020769660
 

2025年には認知症患者が700万人に達するともされていますが、これまでの政権が取ってきた「高齢者対策」は決して充分なものとは言えません。先日掲載の「ようやく本腰。憲法改正ではなく少子化問題解決を選んだ安倍総理」では総理の「高齢者の皆さまがいくつになっても活躍できる社会を実現する」との談話を紹介しましたが、どのような施策を取るつもりなのでしょうか。武田邦彦中部大学教授は今回、メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』で、高齢者問題における「残された7つの重要課題」をあげ早急な解決を迫るとともに、自身の経験をもとに「高齢者の運動や体力回復」についての研究や正しい知識の重要性を説いています。

「老人は何もするな」は正しいのか?老人の貴重な時間をなきものにする社会

今から30年前、バブル崩壊の直前に、私は一編の随筆を書きました。タイトルは『老婆の1時間』。当時まだ景気の良い時代でしたが、それでも「高齢化」、「社会の停滞などが感じられ始めた時でもありました。

1人の老婆が、夕日がすべてを赤く染めている初冬の縁側に座って、日向ぼっこをしています。その家の前には細い道があって、そこを1日の勤めが終わりかけている若い男性が忙しそうに往復している…。老婆は「ああ、あたしにもああいう時代があったわね」とつぶやく…。そんな光景を描いて、私は若干の感想を述べました。

いったい、この老婆は体のどこかが悪いのだろうか?頭でもぼけたのだろうか?そんなことはないのです。老婆はかくしゃくとし、体のどこも悪くなく、頭も明晰です。では、なぜ老婆は縁側で日向ぼっこをしているのか…。それは老婆自身の問題ではなく、周囲が老婆に日向ぼっこを強制しているのだ、というのが私の結論でした。

つまり、「老婆の1時間」も「若者の1時間」も、その人その人の人生にとっては同じ1時間で、老婆の1時間をなきものにしているのは、実は老婆自身ではなく社会なのだ、ということです。

歳を取ると、周囲から厳しく攻撃を受けます。その攻撃とは、「歳を取っているのだから、そんなことはしない方が良い」に始まって、「歳だから脂っぽいものは食べない方が良い」、「歳相応の地味な服装をしなさい」、「歳だから無理をしないように」、「いい年して異性に興味を持つなんて!」…と生活のなにもかにも攻撃を受けます

それも質の悪いことに、言っている方は自分が老人を攻撃しているなど全く思わず、それどころか「老人をいたわっていると錯覚しているのですから、質が悪いのです。このような攻撃の中でも特に悪質なのが「無理をするなというアドバイスで、もしその老人が余命数年とすると、無理するなというアドバイスに従うたびに人生の時間を失うのです。

実は「高齢者問題」や「認知症」が話題になってきたのは、1990年代、つまりバブルが崩壊した後で、自閉症研究の黒田洋一郎先生は1992年に『ボケの原因を探る』という書籍を岩波新書に出しておられます。しかし、政府などの動きは鈍く、認知症などの本格的な統計がとられたのは2012年から、さらに「ただ生きているだけでは意味がない。健康で生きていなければ」ということで「健康寿命」というのが社会に知られるようになったのは、数年前というありさまです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 武田教授が苦言。医師たちが続ける高齢者への誤ったアドバイス
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい