安く落札しメンテナンスでボロ儲け。日本ITゼネコンのズルい手口

shutterstock_585352577
 

日本企業の多くが自社のITシステム構築をITベンダーにまかせ、特注のウェブサイトを数十万から数百万をかけ制作していますが、そこに起因する問題も多々あるのも事実です。なぜこのような構造は変わらないのでしょうか。今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では著者で世界的エンジニアの中島聡さんが、急激に伸びているスラックやドキュサインといった企業向けSaaS型ビジネスを引き合いに出し、「SaaS型で提供されるサービスを組み合わせて業務に使うことが中長期的には良い企業戦略では」としてその根拠を記しています。

※ 本記事は有料メルマガ『週刊 Life is beautiful』2018年10月23日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール中島聡なかじまさとし
ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。

受託ビジネス vs. SaaSビジネス

日本行きの飛行機の中で日経新聞(10月14日付け)を読んだところ、1面トップは「日本のIT投資 不足深刻」という見出しで、日本企業のIT投資は8割以上が既存のシステムの保守コストであり、新規投資は2割以下だと指摘しています。このままでは、積極的なIT投資を行う米国の企業との差が開くばかりで、日本企業の国際競争力は落ちるばかりだ、という記事です。

記事は、日本企業もシステムの刷新を先送りせず、もっと積極的なIT投資をすべきだという論調で書かれていますが、私には少し疑問に思えました。

日本の場合、多くの企業のITシステムがITベンダー(=ITゼネコン)により作られています。人月工数で儲けるビジネスモデルである日本のITベンダーは、しばしば、(競争入札で戦わなければならない)新規システムの受注の時点では赤字覚悟で安く請け負っておき、(随意契約となる)その後のメンテナンスで儲けるという手段に出るため、そこで「新規投資保守コストの比率に歪みが生じてしまいます。

当然ながら、それはシステム設計にも反映され、本来ならば選ばれるべき「保守コストの安い設計」や「システムの更新がしやすい設計」が選ばれることはなく、「とにかく人月工数が稼げる設計」が選ばれてしまうのです。

少し前に、私がお手伝いをしている企業のウェブサイトに、ユーザー体験的に悪い部分があったため(単にサイトの構成が悪く、メニューが分かりにくかっただけです)指摘したところ、「現在、ウェブサイトを一新しているところだから少し待ってほしい」という返事が返ってきました。そして、その変更には結局3ヶ月以上もかかってしまいました。外部のウェブエンジニアを雇い、ゼロから作り直したからそうなったのです。

出来上がったウェブサイトを見ると、別の小さな問題があったので指摘すると、「それは次のアップデートで行います」という返事が返って来て、それにも結局3週間以上かかかりました。簡単な変更だったのですが、どんな変更でも、その外部のウェブエンジニアによる作業が必要な仕組みになっており(外注されたエンジニアとしては、そんな仕組みにすることが理にかなっています)、「仕様書を書いて発注する」という手続きが必要なので、そのくらいかかるのです。

色々と事情があるのでしょうが、私には我慢ができないペースだし、設計です。

シンギュラリティ・ソサエティのウェブサイトを立ち上げる時に、その苦い経験を思い出し、「とにかく簡単にアップデート出来ること」を優先して作ることにしました。

その結果選んだのが、Squarespaceというウェブサービス(SaaS=Software as a Service)を使ってウェブサイトを立ち上げるという手法です。Squarespaceは用意されたテンプレートの1つを選んでコンテンツを挿入していくだけなので、人を雇ってHTML、CSS、JavaScriptを書く必要は全くないし、(上で指摘したような)UXの変更も、1時間もかからずにエンジニアの手を煩わせずに出来てしまうのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 安く落札しメンテナンスでボロ儲け。日本ITゼネコンのズルい手口
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい