太閤さんの夢の跡。秀吉が眠る豊国廟からの眺めを、天下人気分で

 

真っ直ぐ続く階段の先に石塔が見えてくると達成感が味わえます。この豊国廟がある阿弥陀ヶ峯の標高は196メートルあります。山としては高くないですが、山頂まで階段で一直線に登るには険しいものがあります。墓である石塔は高さ約10メートルあり、途中の神門とともに伊藤忠太によって設計されました。

阿弥陀ヶ峯は木々が生い茂っているので景色はあまり良くないですが、京都御所などを確認することが出来ます。この風景を見れば天下人になった気分を味わうことが出来るでしょう。

kyoto20181109-2

image by: 京都フリー写真素材

いかがでしたか?京都は日本人の知識と教養の宝庫です。これからもそのほの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。

image by: WikimediaCommons(名古屋太郎)

英学(はなぶさ がく)この著者の記事一覧

毎年5,000万人以上の観光客が訪れる京都の魅力を紹介。特にガイドブックには載っていない京都の意外な素顔、魅力を発信しています。京都検定合格を目指している方、京都ファン必見! 京都人も知らない京都の魅力を沢山お伝えしていきます。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 おもしろい京都案内 』

【著者】 英学(はなぶさ がく) 【発行周期】 ほぼ週刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 太閤さんの夢の跡。秀吉が眠る豊国廟からの眺めを、天下人気分で
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい