この記事も閲覧できない。いまロシアで起きている信じがたい現実

shutterstock_1096932809
 

1996年、ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学を日本人として初めて卒業し、ロシア在住の地理的優位性も取り入れた旬な世界情勢を発信する国際関係ジャーナリストの北野幸伯さん。そんな北野さんは今回、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、「28年間親しんだモスクワを離れる一大決心」を実行したことを報告し、背景にあった複雑な国際問題や国家制度の違い、今後の活動について自ら詳しく解説します。

さらばモスクワ!

今日は、超重要なお知らせがあります。実は、北野幸伯、28年住んだモスクワから引っ越しました。今までず~~~と、私が紹介される際の「枕詞」は、「モスクワ在住の北野幸伯さん」だった。しかし、これからは、「28年モスクワ在住“だった”北野幸伯さん」になります。

ここで、皆さん、疑問がわいてくることでしょう。昔はよく、「なんで、モスクワに住んでいるのですか~~??」と聞かれたものです。しかし、28年も住んでいると、「なんでモスクワから離れるのですか?」と聞かれます。毎回毎回説明するのも面倒なので、今回理由をバッチリ書いておきましょう。

幸せだったモスクワ暮らし

私は1990年モスクワにやってきました。まず、ソ連外務省付属モスクワ国際関係大学予科に入った。1991年、入学試験を受けて合格し、本科に入学。1996年、ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学を、日本人として初めて卒業します。私の最終学歴は、モスクワ国際関係大学国際関係学部政治学修士です。

卒業後、私はモスクワに残りました。というのも、「6年間モスクワで学び帰国するのはもったいない」と思ったからです。その後私は、メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』、HP「ロシア情報センター」、企業向け情報誌『ロシア政治経済アナリス』、ロシア投資コンサル会社「IMT」などを、次々と立ち上げていきました。しかし、残っているのは、皆さんが今読んでいるメルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』だけです。何が起こったのでしょうか?

私は05年、1冊目の本『ボロボロになった覇権国家』を出版しました。それから現在まで、7冊本を出した。現在8冊目の本の出版準備を進めています。育鵬社(扶桑社)、集英社、ダイヤモンド社など、すばらしい出版社に恵まれ、私の執筆業はとても順調に進んでいきました。さらに、勃興してきた「ネットビジネスの波に乗り収入面が安定。「あれこれやる必要」がなくなったのです。それで、HP、企業向け情報誌、投資コンサル会社をつづける理由がなくなった。私は、好きなことだけして生きていける体制に移行しました。

08年、私は、前世は日本人だったに違いないロシア人女性日本語通訳と結婚しました。11年、長女誕生。15年、長男誕生。私のモスクワ生活はとても快適でした。その主な理由は、ロシア人が「親日」だから。28年モスクワに住み、「反日ロシア人」についに一度も会うことがありませんでした。そういう意味で、中国、韓国とロシアは、大きく異なっています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • この記事も閲覧できない。いまロシアで起きている信じがたい現実
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい