親なら一工夫を。朝が苦手な子を叱りつけずに起こす方法あれこれ

shutterstock_631586492
 

子どもにきちんと早起きの習慣をつけたいと思いながら、ついつい叱り飛ばしてしまい結果的にうまくいかない、とお悩みの親御さんも多いようです。今回の無料メルマガ『親力で決まる子供の将来』では著者で漫画『ドラゴン桜』の指南役としても知られる親野智可等さんが、叱り飛ばさず上手に子どもを起こすノウハウを、メリットと合わせて紹介します。

朝自分で起きない子。起こし方は?合理的な対策は?

朝なかなか起きられない子もいます。こういうときも、いきなり叱って起こすのは決していいことではありません。これについても、いろいろな工夫をすることが大切です。

まず、大切なのは、毎日決まった時刻に寝ることです。決まった時刻に寝れば決まった時刻に起きやすいからです。毎日バラバラの時刻に寝ていれば、決まった時刻に起きるのが大変になるのは当たり前のことです。

また、朝、親が部屋のカーテンを開けてあげて、朝日が差し込むようにするといいでしょう。これだと、体と意識が少しずつ目覚めることができます。また、時計も大事です。ある子は、自分の好きなオルゴールの曲が流れる目覚まし時計にしたら目覚めが良くなったそうです。目覚まし時計を複数にしてうまくいった例もあります。

寝るときに水で濡らしたおしぼりを枕元において朝目が覚めたらすぐ顔を拭くというのもお薦めです。寝たまま手足をにぎにぎする運動をしたり軽いストレッチをしたりするのもいいでしょう。寝たまま金魚運動をするのもいいでしょう。金魚運動とは西式健康法の中の代表的な運動であり、寝たままできます。これは便通にも効果があります。詳しくは「金魚運動」で検索してみてください。

眼鏡をかける人はすぐにかけましょう。目先がぼんやりしたままだといつまでも目が覚めません。朝の時間にその子が好きなことができるようにするのもいいでしょう。それを楽しみに起きられるようになるからです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 親なら一工夫を。朝が苦手な子を叱りつけずに起こす方法あれこれ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい