若者のマージャン離れと喫煙率激減に共通する「かっこ悪い」感覚

shutterstock_1183025149 (1)
 

10月にMリーグが開幕し、麻雀人気復活を期待する向きはありますが、そう簡単ではないと『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』の著者で人気コンサルの永江一石さんは言います。麻雀で何か副業を始めたいと考えている読者からの相談に、永江さんの回答は現実を直視したとてもシビアなものでした。

麻雀を副業にすることは可能か

Q. 私の勤務する会社では、副業をしても良いという規定があります。私は麻雀が好きで、麻雀で何か副業ができたらと思います。永江さんが麻雀を副業にするとしたら、どんなことをしますか?
麻雀のプロになる、麻雀教室の先生になる、麻雀のブログを書くといったことは思いつくのですが、他に何か麻雀で収入を得る方法があったら知りたいです。

永江さんからの回答

結論から言いますと、趣味でやるならまだしも麻雀を副業にするのは非常に厳しいと思います。なぜなら麻雀のマーケットは年々縮小しているから。昨年発売された『レジャー白書2017』によると、麻雀の2016年の参加人口は500万人で、前年から100万人も減少してるんです。

わたしが大学生の頃はよく駅前の雀荘が賑わってましたが、いまはほとんど見かけないですよね。理由は大きく分けて2つあると思うのですが、まず一つ目は集団行動が苦手な若者が増えたから。彼女もいらないという草食男子が多い中、4人揃わないと始まらない麻雀の敷居が高くなっているのは大きな要因でしょう。

二つ目は麻雀に対するイメージの悪化です。例えばパチンコも以前は親子で行って帰りに景品をもらって喜ぶ子供の姿も目にしましたが、今は店内にタバコの煙が充満しており、客層も悪いのでとても子連れでいける雰囲気じゃありませんよね。

以前ブログに書いたように、若い層で喫煙率が激減しているのは、経済的理由の他に「かっこ悪い」という要素も大きいと思うんです。

もし麻雀のブログを書いても読者はシニア層ばかりですし、教室を開いても年金暮らしの高齢者から高い月謝は取れませんよね。

まとめると、副業ってマーケットが伸びているジャンルじゃないと成功しないので、業界が急速に縮小しているところで新しくビジネスを始めようとしても難しいと思いますよ。

image by:Olleg, shutterstock.com

永江 一石この著者の記事一覧

商品開発や集客プロモーションを手がける会社を設立し多くの企業のマーケテイングを行う。メルマガでは読者から寄せられたマーケティングのお悩みに対し具体的な解決策を提示。ネットショップや広報担当を中心に多くの購読者から支持されている。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ 』

【著者】 永江 一石 【月額】 初月無料!月額330円(税込) 【発行周期】 毎週 水曜日 発行予定

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 若者のマージャン離れと喫煙率激減に共通する「かっこ悪い」感覚
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい