年収400万で暮らせるけど1000万でも余裕なし。驚きのNY生活事情

shutterstock_513678967
 

「一度でいいから海外で生活してみたい」と思う日本人は多いかもしれませんが、現実的に毎月の収支を想像することは難しいのではないでしょうか。実際、必要な生活費についての質問を受けることが多いと語るのは、米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEOでメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者の高橋克明さん。今回のメルマガで、ニューヨークでの生活に必要なさまざまなものの相場を細かく教えてくれました。

ニューヨークで暮らすにはいくら必要?

いちばんよく聞かれる質問は「いつかニューヨークに移住したい」「いくらくらいあれば生活できますか」です。日本と違って、本物の格差社会なので、上も下もキリがなく、本当に一概に言えないのがこの街の特徴です。

日本って、お金持ちの人もそうじゃない人もコンビニを利用します。こっちだと生活圏内も、行くお店も所得によってガラッと変わります。マンハッタンという山の手線の内側くらいの、その実、結構狭いエリアに、あらゆる「下町」とあらゆる「山の手」が同居しています。なので、上記の質問、結構、答えに困っちゃうんです。橋を一つ挟んでマンハッタンとクイーンズの個人年収差は4倍と言われています。でも同じスタバで同じモノをオーダーして座ってる。

いくらくらい、とは(当たり前ですが)言いづらい。年収400万円でも、いろいろ工夫すれば住めなくはない。(ルームメイトを見つけるとか、覚悟を決めて多少治安の悪いエリアに住むとか)

こちらのサイトで公表されている「ニューヨークでの生活費の基準」を今回はお伝えします。統計情報とNYCでの生活費の詳細が、Expatistan.comに掲載されています(これらの数字は定期的に更新されています。以下の数字は、あくまで「平均」だということ念頭に置いてください)

「480平方フィートのスタジオの月額賃料:1941~2838ドル」 前述した通りエリアによって異なりますが、マンハッタン(東京でいう23区内)だと普通のワンルームで、月家賃の平均が31万3千円だそうです。(ま、そんな感じだろな)

東京でも良いとこだとそれくらいするよ!と言われるかもしれませんが、この数字は平均です。良いとこ、じゃない。良いとこ、だと当然120万円は超えます。31万円だとかなり狭いイメージです。居住費は、確かに世界一高い街ではあります。それに追加して、

「480平方フィートのスタジオの基本ユーティリティ:119ドル/月」 基本ユーティリティに含まれるのは、電力、暖房、水、ごみ処理など。その平均が13000円くらい。これも平均なので、マンションによってはもっと徴収されます。

では、日常での生活にかかる費用は(以下ももちろん平均)

「ダウンタウンバーまたはクラブのカクテル:24ドル(2650円)」 1杯が2600円以上するのははやり高い気もします。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 年収400万で暮らせるけど1000万でも余裕なし。驚きのNY生活事情
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい