韓国レーダー照射について防衛省が最終見解「もはや困難」

2019.01.21
60
by gyouza(まぐまぐ編集部)
1024px-Ministry_of_Defense2 copy
 

防衛省は21日、韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について、最終見解を発表した。防衛省ホームページに掲載した内容は以下の通り。

昨年12月20日(木)に発生した韓国海軍駆逐艦から海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機(厚木)への火器管制レーダーの照射された件について、日本側が有する客観的事実を取りまとめた防衛省の最終見解及び本件事案発生時に同機が探知した音を公表することとしました。

 

防衛省としては、韓国駆逐艦による海自P-1哨戒機への火器管制レーダー照射について、改めて強く抗議するとともに、韓国側に対し、この事実を認め、再発防止を徹底することを強く求めます。更に、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。

 

本公表が、同種事案の再発防止につながることを期待するとともに、引き続き、日韓・日米韓の防衛協力の継続へ向けて真摯に努力していく考えです。

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について(防衛省)

同ホームページには、レーダー探知音の音声のほか、最終見解などに関するPDFも合わせて公開している。(随時更新)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: 本屋 [CC BY-SA 3.0], ウィキメディア・コモンズ経由で

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 韓国レーダー照射について防衛省が最終見解「もはや困難」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい