なぜデキる上司は部下にいつも「ギリギリの課題」を出すのか?

 

ギリギリの課題というのは、そう簡単にクリアできるものではありません。課題を提出された側からすると、「えー、そんなことが私にできるかな…」と感じてしまうようなことなんです。

でも、これが面白いところで、実際にやってみると、すぐにクリアはできなくても、どこかで、クリアできる部分が出てきます。そして気づけば課題をクリアしていて、明らかに成長し一段階上の仕事ができるようになっているのです。

そうしてできるようになったことを、「やっぱりできるじゃん」「できるようになったね、すごいね」なんて言われると、嬉しくなりますし、やればできるという自信を持つことにもつながります。

ただ、問題は、どのくらいの課題を出せばいいか。ここが難しいところなんです。あくまで私の感覚だと、5回やって1回成功するかどうかくらいの仕事レベルを突けると、ギリギリクリアできることが多いようには思います。

とはいえこれも、人によって変わるところです。ですから、本当に丁度よく、スタッフのギリギリを突こうと思ったら、そのスタッフのことをしっかり見ておく必要があります。今どんなレベルなのか、どのくらいのモチベーションで仕事に取り組めているのかなどですね。

ここを見ないまま、自分の感覚だけで、「このくらいだろう」と決めつけてしまうと、せっかく成長できるチャンスだったのに、逆にやる気を無くさせてしまう可能性もあります。

あなたの周りのスタッフに、ギリギリの課題を出してより成長してもらおうと思ったら、どんなレベルの課題が出せるでしょうか?

今日の質問です。

  • 周りのスタッフ3人の今現在のレベルはどのくらいですか?
  • その3人に、ギリギリの課題を出すとしたら、どんな課題が出せそうですか?

image by: Shutterstock.com

販売力向上講座メールマガジンこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 販売力向上講座メールマガジン 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • なぜデキる上司は部下にいつも「ギリギリの課題」を出すのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい