【書評】韓国人が書いた「韓国人が借りたお金を返さない理由」

0328_creater
 

韓国の諺に「知り合いが泥棒」というものがあるそうです。「親しくしている人にお金を取られることが多い」ことを意味しているそうですが、現在の韓国には「お金を借りた方は貸した方に対して偉そうに振る舞う」という、私たちには到底理解が及ばない現実があるらしく…。そんな韓国について韓国人著者が赤裸々に綴った一冊を、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが詳細にレビューしています。

偏屈BOOK案内:『なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~』 

81hEml1YoELなぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~
シンシアリー 著/扶桑社

著者はこの本を書いた時点で、日本に暮らすようになって3年目。再び3年の滞在許可を得て、将来は日本に帰化するようだ。韓国人が書いた韓国論からは、世界でも稀有なヘンテコな国と国民の実態が露わになり、興味津々だが、そこまで国を挙げて暴走してしまっては、収拾がつかないのではないかと心配になる。コワイモノ見たさと、日本の安全保障の観点から、じつに面白く読んだ。

それにしてもストレート過ぎるタイトルである。「韓国人は借りたお金を返さない」は、ほとんどがウリ(私たち)の中で行われる。韓国の諺「知り合いが泥棒」がそれをよく表している。全然知らない人より、親しくしている人にお金をとられることが多い、という意味だ。中華思想では「中華(=中国)」の領域が偉いもので、それ以外は野蛮なものだ。朝鮮は中華の一部だという。

これを「小中華思想」といい、中国に事大しそれ以外をオランケ(野蛮人)だと見下す。それが中国の一部である自分たち=朝鮮の義務であり権利でもあると思っている。「強いものの部下は強い」という中華思想もどきが韓国社会に強い影響力を及ぼしている。韓国社会のウリは自己チューな「中華」である。その中華の中心には「自分」がいる。だから「中華思想ともいえる

韓国人はウリの範囲にいる人に対しては、何が何でも徹底的に関わろうとする。韓国人はこれを「情が溢れる」という意味で「ジョンギョブタ」という。和訳すると「多情多感」「親しい」「優しい」などになるが、著者は「ウザい」あたりがいいという。日本のネット上では「かまってちゃん」と笑われる。その多重の情は決してゴンチャ(タダ)ではない。いずれ必ず対価を要求される

その対価の概念のもっとも一般的な表れ方が「借りたお金を返さない」である。情をすでに払っておいたから、返さないのが公正だというのだ。「書いていて悲しくなることですが、私をはじめ本当に大勢の韓国社会の人々が、この『公正』にやられました」。お金を借りて返さない人の方がずっと偉そうにしている借りたお金を自分の権利だと認識している。初めて聞く変な理屈である。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】韓国人が書いた「韓国人が借りたお金を返さない理由」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい