「宿題終わった」に「だったらこれも」その追加が伸び悩む原因に

shutterstock_674183407
 

家庭学習は毎日何時間くらいさせるべきなのでしょうか。決まった時間座らせておくべきか、早く終わったら遊ばせていいのか。そんな疑問ついて、メルマガ『言葉の森 オンラインマガジン』では、早く終わったら遊ばせてあげることを推奨しています。勉強のさせ方ひとつで、中学生や高校生になった時に自分から進んで勉強するようになるか、伸び悩んでしまうかの差がついてしまうのだということです。

早く終わっても勉強の追加をさせてはいけない理由

親は、子供が勉強している姿を見るとうれしいものです。 反対に、子供がゲームに熱中している様子を見ると、何かひとこと言いたくなってきます。敏感な子供は、そういう親の気持ちを察して、親にとっていい子でいようと思うようになります。そうして、だらだら長時間勉強する子が生まれるのです。

しかし本来、子供は勉強など好きなわけがありません

勉強が好きになるのは、もっとずっとあとになって高校生ぐらいになってからです。 小中学校時代の勉強は、面白くも何ともないものです。 だから学校に行って強制的にやらせるのです。

親は、そういう子供の気持ちを察しなくてはなりません。そして、「勉強はもういいから、もっと好きなことをして遊びなさい」と言ってあげるのです。 そういうふうに育てられた子は、勉強が必要だと感じたときに自分から進んで取り組むようになります

勉強を全くさせないと言うのではありません。 家庭でルールを決めて、子供が無理なく自分の力でできる範囲のことは毎日やるようにします。 それは、例えば、読書や音読や暗唱や算数の問題集です。

毎日のルーティンワークとして決められた勉強であれば、子供はそれをなるべく早く終わらせて自分の好きなことをしたいと思うようになります。 そして、自然に能率よく片付ける方法を身につけます。

そのときに、お母さんが、「そんなに早く終わるなら、これも……」と勉強の追加をさせてはいけないのです。 勉強の追加をされた子は、能率よくやると自分が損をするということを学びます。 そして、それからは能率悪く長時間かけてだらだらと勉強をするようになるのです。

小学4、5年生になれば、子供は、親が追加の勉強をさせようとしても、自分が嫌だと思えば嫌だと言います。しかし、小学1、2年生のころは、親の言うことはほぼ絶対です。 だから、本当は嫌なことでも楽しそうにやります。

だから、その小学1、2年生ころこそ、親は子供の本当の気持ちを察してあげる必要があるのです。

それがマイナス面として出てくるのは、その子が中学生や高校生になってからです。 小学校時代に身につけた能率悪く勉強する方法が、中学生や高校生になってからも続くのです。 小学校時代はよくできたのに、高校生になってから伸び悩むというのは、そういう子です。

学力の本当の差がつくのは、高校生になってからです。

小学生時代の学力の差は、それがどんなに大きく見えようと、見た目だけのものです。 だから、小学校時代は勉強面でがんばる必要はないのです。 そのかわり、その子が自分の好きなことをして個性を伸ばしていくことを第一に考える時期なのです。

子供に勉強させすぎるお母さんやお父さんは、自分が子供時代にもっと勉強していれば、もっといい人生になっていたはずだと漠然と思っています。 しかし、そんなことはありません。子供時代に何をしようが、自分の実力で今の人生があるのです。

だとしたら、自分ができなかったことを子供にさせるのではなく、自分が子供時代にやってよかったと思うことを子供にさせることです。 子供時代にやってよかったと思うことの大部分は、楽しかった遊びです。

だから、子供はたくさん遊ばせてあげるといいのです。

image by:PR Image Factory, shutterstock.com

オンライン作文教室言葉の森この著者の記事一覧

オンライン作文教室言葉の森が、毎週、生徒向けに発行している新聞。どなたも購読自由。作文、小論文、読書、国語、通信教育、未来の教育などに関する記事が豊富。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 言葉の森 オンラインマガジン 』

【著者】 オンライン作文教室言葉の森 【発行周期】 週刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「宿題終わった」に「だったらこれも」その追加が伸び悩む原因に
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい