バブル崩壊前夜に酷似。郊外の地価上昇で近づくマンション大暴落

shutterstock_570014662
 

東京都心部の地価の高騰が、地方や郊外のマンション価格にも影響し始めており、浦和や高崎の物件価格も相当につりあがっているようです。そんな現状を「バブル崩壊前夜と驚くほど同じ」とするのは、無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者・廣田信子さん。廣田さんは「この状況がいつまでも続くとは思えない」と悲観的な見方を示しています。

「浦和」「高崎」駅前の地価上昇にドキ!

こんにちは!廣田信子です。

新築マンションの売れ行きに陰りが出始めていいます。地価の高騰と資材価格の高騰で、新築マンションの価格は、2月に前年同月比2.5%上昇の6,284万円(不動産経済研究所発表による)。すごい価格ですね。ふつうの給与所得者にはもう手が届きません。

節税対策の富裕層や高収入の共働き世帯が引っぱってきた不動産市場ももう限界と言われます。都心物件が採算がとれなくなると、開発は地価が安い地方や郊外に向かいます。日本経済新聞(3/26)によると、東京駅からJRで25分の浦和駅さいたま市から徒歩7分の137戸の分譲マンションの最高価格は9,000万円。マンションの好調な売れ行きを反映し、付近の住宅地の地価は前年比6.2%上昇しているといいます。

さらに、最高価格が1億円超のタワーマンションが群馬県高崎市駅前に建設中で、近くの住宅地の地価は県内最高の伸びを見せている…と。「浦和」「高崎」の駅前の地価上昇と聞いて、バブル崩壊前夜と驚くほど同じだと、ドキッとしました。

東京都心の土地は、訪日観光客を当て込むホテルなどとの競争で、分譲マンションでは採算が合わない水準まで価格がつり上がっています。ディベロッパーは、相対的に割安な郊外や地方の駅前再開発に走り局地的な開発競争が周辺の地価を押し上げているのです。

マンション建築は、首都圏から、大阪、名古屋、福岡等の都市に移行し、タワーマンションラッシュで、当然、地価も上がっていますバブル崩壊に向かう最後の時期にほんとうに似ています

ディベロッパーはマンション用地を求めて、東京から地方へ、都心から郊外へと開発が移っていく。でも、もともと需要が多くないところに、乱立したマンションは、いずれ売れなくなります。ディベロッパーは持ちこたえられずに値下げ販売価格の崩壊が始まる…。ストーリーが見えてしまいます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • バブル崩壊前夜に酷似。郊外の地価上昇で近づくマンション大暴落
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい