レジレスの「Amazon Go」に行ってみたら、品揃えが残念だった件

shutterstock_1070258825
 

米Amazonが展開するレジのないコンビニ店「Amazon Go」が間もなくニューヨークにも進出するということで、『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者、りばてぃさんが、シアトルの1号店と2号店を視察しレポートを送ってくれました。商品を手に持って立ち去るだけで支払いが完了する最先端テクノロジーは、忙しいニューヨーカーにマッチし受け入れられると思えた一方で、Amazonといえども逃れられない、リアル店舗の課題を抱えていると感じたと伝えています。

シアトルのAmazon Goへ行ってきた

(1)史上初のレジレス店

大手テック企業のAmazonがあるシアトルに、レジを通らずに買い物ができる「レジレス店」(checkoutless)のAmazon Goをオープンしたのが2018年1月

事前にAmazon Goの専用アプリをダウンロードし、ログイン後に支払い方法(クレジットカード)を設定。入店時に通るゲートにそのアプリをかざすだけで手にした商品(または買い物袋に入れたもの)は自動的にアプリに登録され決済される仕組みで、退店時は入店時と同じゲートを通るが、今度はアプリすらもかざす必要がない。

天井や商品棚、商品に貼ってあるラベルを検知するセンサーやコンピュータービジョンなどの最新テクノロジーによって実現されたスムーズな買い物は、まさに、『未来の小売』として当時、大きく話題となった。

それまでアメリカには現金を受け付けずカード決済のみの「キャッシュレス決済」や、人を介さず自分でバーコードを読ませて決済する「セルフレジ」などは普及していたが、そうした手間すらも一切無くした「レジレス店」はアメリカの小売史上初

また、Eコマースから始まったAmazonが出すリアル店舗ということも人々の興味を惹き、並ばないことがウリなのに店の前に長い行列ができるほどの人気となった。

ご参考:
Amazon Go, a high-tech version of a 7-Eleven, will finally open on Monday with no checkout lines and no cashiers
People are waiting in a line wrapped around the block to shop at Amazon’s new store that claims to ban lines

その後、シアトル内他、シカゴとサンフランシスコにもAmazon Goをオープンし10店舗ほどに増えている。

ニューヨークにもオープン予定ですでに昨年10月に、ウォール街至近にある複合ビルのブルックフィールド・プレイスに店舗準備中と報じられているのでそろそろオープンするかもしれない。 ブルックフィールド・プレイスには大手企業のオフィスが入る他、グルメなフードコートのハドソン・イーツや、各種小売店も数多く入っているため、常に多くの人で賑わっている場所だ。

ご参考:NYの注目の新しいフード・コートの1つ、『ハドソン・イーツ』(Hudson Eats)

ニューヨークにもオープン間近ということもあり、1号店との比較もできるようにとシアトルにあるAmazon Goを2箇所、視察に行ってきた。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • レジレスの「Amazon Go」に行ってみたら、品揃えが残念だった件
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい