役者が違う。トランプ突然の「ちゃぶ台返し」に顔面蒼白の習近平

kitano20190509
 

米中間で激化する貿易交渉が大詰めを迎える最中の5月7日、先手を打つ形で中国製品への更なる関税引き上げを公に宣言したトランプ大統領。国際ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、株式市場の乱行下や、日本企業を含む世界経済の悪化を加速させると言った「トランプのちゃぶ台返し」の副作用について解説しています。

トランプの「ちゃぶ台返し」で世界は経済危機に突入?

ちゃぶ台返し

 

読み方:ちゃぶだいがえし

別表記:ちゃぶ台がえし、卓袱台返し

 

気に入らないことがあって権力者が激昂するなどして下の者の「お膳立て」を台無しにする、このまま円満に運ぶかと思われた事柄を権力者や上長の独断で御破算にする、といった意味合いで用いられることのある言い回し。

(実用日本語表現辞典)

もっとも話題になっているのは、これでしょう。

世界の二大経済大国である米中間の貿易交渉の最終ラウンドを目前に、トランプは「中国との貿易交渉は続いているが、中国側が再交渉を試みていて進展が遅すぎる。駄目だ!」とツイート。その上で、中国からの2,000億ドル分の輸入品に対する関税を10日に10%から25%に引き上げると表明。さらに現在は関税対象となっていない3,250億ドル分の中国製品についても25%の関税を課す考えを示した。
(ニューズウィーク 日本版 5月7日)

今アメリカは、500億ドル分の輸入品に25%の関税をかけている。2,000億ドル分に10%かけている。トランプは、これを10日に25%に引き上げるとツイートした。さらに、関税対象になっていない3,250億ドル分についても25%の関税を課すと発言した。これを受けて、株が下落しました。

世界の金融市場の反応は予想どおりだった。中国の二大株式市場はそれぞれ5%と7%下落した。米株式市場も500ポイント近く下げて始まったが(その後、部分的には回復)。
(同上)

いったいこの発言、何が問題だったのでしょうか?

このツイートに、中国側の交渉チームは仰天した。何しろ彼らはこのあとワシントンを訪問して大詰めの交渉を行い、10日にも大筋合意を発表したい考えでいたのだ。
(同上)

そう、米中はこの問題を解決すべく交渉をつづけている。そして、合意の一歩手前まできている。それを、トランプは一言でぶち壊した」。

ちゃぶ台返し

 

読み方:ちゃぶだいがえし

別表記:ちゃぶ台がえし、卓袱台返し

 

気に入らないことがあって権力者が激昂するなどして下の者の「お膳立て」を台無しにする、このまま円満に運ぶかと思われた事柄を権力者や上長の独断で御破算にする、といった意味合いで用いられることのある言い回し。

(実用日本語表現辞典)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 役者が違う。トランプ突然の「ちゃぶ台返し」に顔面蒼白の習近平
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい