進化論は悪、避妊もNO。日本人は理解できぬ米キリスト教の一断面

March for Life 2015, Washington D.C.
 

日本と比べて生活のいたるところに宗教を感じられると言われるアメリカ。自らを「無宗教」とすることが多い日本人にとって、にわかに信じられない事態に遭遇することも多いようです。今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では世界的エンジニアでアメリカ在住の中島聡さんが、宗教的背景から人工中絶を強固に反対する人々の行動や、彼らが通そうとする法律について記しています。

※ 本記事は有料メルマガ『週刊 Life is beautiful』2019年5月14日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール中島聡なかじまさとし
ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。

私の目に止まった記事

The “heartbeat” bills that could ban almost all abortions, explained

米国に住み始めて、かず多くの日本との違いに出会いましたが、最も驚いたのが、宗教の社会への影響の大きさです。それも、単に「日曜日の朝には家族揃って教会に行く」などの、宗教を信じている人たちに閉じた話ではなく、他の人の生活にまで大きな影響を与えることがしばしばあるのです。

典型的な例が、学校での生物の授業です。「中学校で生物の時間に進化論を教えることはやめるべきと本気で主張する親が少なからずいるのです。日本に暮らしていたら想像もできないでしょうが、聖書に書いてある、人間がアダムとイブから生まれたという話を、「神話ではなく文字通り信じている人が結構な数いるのです(日本で言えば、天照大神の天の岩戸の話が、本当にあった歴史上の事実だと信じているようなものです)。

誤解して欲しくはないのですが、キリスト教を信じる人たちの全員がそんな人たちではありません。彼らの大半は、(日本人と同じように)神話と歴史・宗教と科学をちゃんと切り離して考えることが出来ます。あくまで一部の人たち10%から20%そんなキリスト教の盲信者なのです。

この記事に書いてある、人工中絶の件も同じ(もしくは、それ以上)です。彼らの多くが、そもそも避妊を否定しています。彼らにとって、性交渉は子供を作るための神聖な行為であり、快楽のためだけの性交渉は、神に対する冒涜なのです。

当然ですが、人口中絶も許されるものではありません彼らから見れば殺人なのです。

人口中絶が殺人なのかどうかに関しては、私も正直悩むところです。生まれる前の子供とは言え、「命を奪う」ことには変わりがないので、殺人と言えば殺人と言えます。妊娠何ヶ月で殺人になるのか、と言われると、答えに苦しむところです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 進化論は悪、避妊もNO。日本人は理解できぬ米キリスト教の一断面
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい